« ・・・・との遭遇 | トップページ | 理科第一分野!? »

2010年4月20日 (火)

どっから見ても・・

オイミャコンは人口800人にも満たない小さな村です。村から少しはずれると、こんな景色が

044

まさに盆地です。いかにも寒そうな景色です、いや実際、寒いんですけどね。ほぼ真っ白です。

このオイミャコン、ロシア・サハ共和国に属しています。人々は僕ら日本人と同じモンゴロイド系ですので、パッと見、日本語で話しかけたくなるほど親近感の湧く顔立ちの人たちばかりです。

彼女もそうです

019

現地コーディネーターのサルダーナ嬢です。

彼女はサハ共和国の首都ヤクーツクに住んでいます。見た目、フツウーの日本人です。

僕の故郷、新潟の長岡からさほど遠くない加茂市に住んでたことがあるそうです。

もちろん日本語ペラペラです。いや「日本語ペラペラ」って云うのが違和感満載なくらい、容貌が ザ・日本人 なのですよ。

サルダーナじゃなくて、○○子ちゃんとか●●美ちゃんとかのほうがピンと来るような・・・・

だから逆に、ロシア語喋ってるサルダーナの方が変!みたいな・・・・

ロケ終了後、空港で「私が日本に行ったら、お寿司ごちそうしてください!」と。

是非、いつの日か実現したいですね~。

さてさて、この世界一番紀行「世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコン」が再放送されます。見逃した方、もしくはもう一度オータカの半ケツおやぢ振り(4/8参照)が見たい方は是非!

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2010-04-24&ch=12&eid=5758

4/24(土) NHK BS2 午後4時半からです。

|

« ・・・・との遭遇 | トップページ | 理科第一分野!? »

オイミャコン」カテゴリの記事

コメント

大高さん、ですから半ケツ押しはやめてくださいっ。
滝汗。
京都も盆地なので、底冷えするらしく、北海道の人に「寒さがちがう!」とか「京都の方が寒いかもっ!」とか、よく言われます。
オイミャコンの、夏との温度差を聞いて、前にびっくりしましたもんね!
是非、次は夏へ~(笑)

投稿: まる | 2010年4月20日 (火) 11時57分

ロシア人っていうと、色白で、鼻が高くて・・007によく出てくるような、あんなイメージだけに、ロシアって広いなあ!!!っって実感しますね。
着こんでいるから顔がよく見えないけれど(笑)パっと見た感じ、日本人2人のツーショットみたいですもんね。

半ケツ、楽しみにしておりますheart

投稿: 鈴江 | 2010年4月20日 (火) 14時52分

真っ白い雪が木に乗っかって、風もなく静かに佇んでいる景色ってめちゃめちゃ大好きです!
また、電信柱等がないから空間がすごく広いですね〜。

美しいヽ(´▽`)/!

こんな素敵なところで暮らしていたら、
心も澄んでいそうですね♪

このモンゴロイドの私は…
オーストラリアで子供に
「チャイニーズ!チャイニーズ!」と後ろ指を指されました…。

せめて私も大高さんの様に「ジャッキー」と言って欲しかったw

モンゴロイド系ではない方から見ると
モンゴロイド系は全て同じに見えるのかしら…?
でもやはり近い血が流れているだけ、かなりの親近感がありますね!

大高さんにオイミャコンツアーやって欲しいです♪

再放送楽しみにしています!

投稿: みわ | 2010年4月20日 (火) 15時59分

オイミャコン再放送バンザ~イ\(^_^)/楽しみにしてま~す♪
半ケツな大高サンに「グー!!」古っ…笑
私もリメイク大好きなので、さらに大高サンに親近感ワクワク~(*^_^*)です。

投稿: 葉月 | 2010年4月20日 (火) 23時41分

連投スミマセン…リメイクしてたのは、ボリビア編でしたね~(^_^;)失礼しました。。。
ボリビア編の再放送も希望しま~す♪大高サン、よろしくお願いしますぅ☆

投稿: 葉月 | 2010年4月20日 (火) 23時49分

おぉ、24日ですね!

これは必ず見なくては、半ケツ・・・ではなく、世界で一番寒い村!!

サルダーナさん、すごく親近感のもてるお顔立ちですね〜

大高さん、顔の大きさと身体の大きさが別人のようです

たくさん着込まれましたね〜

投稿: alchinmama | 2010年4月21日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/34288612

この記事へのトラックバック一覧です: どっから見ても・・:

« ・・・・との遭遇 | トップページ | 理科第一分野!? »