« リアクション | トップページ | 食エネルギー »

2010年5月15日 (土)

体当たりで体験しなきゃ

GWも終わり、ゆく春を惜しみながらも、心はすでに夏の到来を待ちわびている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

たまには、こんな時候の挨拶から入るのもいいかな、と。

さてさて、新潟の田舎モンがもう30年以上も住んでるここ東京は、連日20度超えのポカポカ陽気であります。

では、世界一寒いオイミャコンは今どんななの?と

http://nihongo.wunderground.com/global/stations/24688.html

最高気温、10度を超えております。ちょいと肌寒い程度といったことろでしょうか。でも、僕が訪れた時の-50度を考えると信じられない「暑さ」です。

011

↑タイトルバックと同じ、凍結したロシア第二の大河、レナ川も今は

Lenajakutsk_2

氷も溶け、美空ひばりさんの歌の如く、ゆるやかにおだやかに流れていることでしょう。

7~8月になると、オイミャコンは30度を超える日もあるそうな。でも、あっちゅう間に秋を飛び越えて冬が・・・・・

寒暖差が軽く80度を超える驚愕の地。命の水を供給してくれるインディギルカ川の氷も溶けてるだろうし、真冬にセーター一枚で外に出るんだから真夏はマッパ同然なのか、はたまた、あのキャンディタワー(2/28参照)はどうなってるのか?ちょいと行ってみたくなるのは道理。世界一番紀行のプロデューサーに、あるやも知れぬ第四弾の候補地として

「世界で一番寒い村の世界で一番短い夏」ってことでオイミャコンの夏はいかがですか?と。

プロデューサー、たった一言

「ぬるい!」

|

« リアクション | トップページ | 食エネルギー »

オイミャコン」カテゴリの記事

コメント

たまには、ぬるい&ゆるいとこ行きましょうよ(笑)

大高さんの時候の挨拶を見ると、はるか昔の役者紹介を思い出します。
確か、『天使』だったか…戯曲本に載ってたやつですが。
いちいち、大高さんが自分の文章にツッコんでるんですが、時候の挨拶に対して「思ってねー」とか「意味知らね」とか。
ど~してもそれが浮かんで、「思ってないんやろなぁ」とか思っちゃいます(笑)
ネタなのに!

投稿: まる | 2010年5月15日 (土) 08時00分

私は見たいけどな・・。
世界で一番短い夏。
どんだけ、はっちゃけてるんだろうと想像すると、楽しいです。
ってか、30度超えるんですね!そりゃ、気になりますよ。キャンディータワー(笑)

投稿: 鈴江 | 2010年5月16日 (日) 15時23分

(ノ_≦。)ぬるい所もいいと思うんですが・・・。
プロデューサー、厳しいですねぇ

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年5月17日 (月) 21時59分

山形戦の日報のパンツ姿での登場にひとり大興奮で一緒に観戦の家族まわりのサポにも変な目で観られましたが涙ものでした。なじらね掲載依頼私も日報パンツに執着する私です。

投稿: テへヘ | 2010年5月22日 (土) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/34670741

この記事へのトラックバック一覧です: 体当たりで体験しなきゃ:

« リアクション | トップページ | 食エネルギー »