« すたっふ~! | トップページ | Africa »

2010年6月 2日 (水)

再び・・・・・・

世界で一番北の町・ロングイヤービエンのあるスバルバル諸島には1920年に締結された条約があります。

スバルバル諸島をノルウェーの統治下に置くが、加盟国はビザなしに働くことも住むこともできる、と。

もちろん日本も加盟国なので、今すぐ行って住めます。

とは云え、一年の内、ちゃんと昼夜のある月は4ケ月程で、あとは白夜か極夜(白夜の反対、ずっと真っ暗)・・・・・・・冬の寒さはかなり厳しく、夏は7度ほどにしか上がらないそうです。

でも、住めば都じゃないけれど、オイミャコンもそうでしたが、人々に悲壮感は微塵もなく皆笑顔が素敵で幸せにくらしておりました。

125

ロングイヤービエンに住むことになった理由は人それぞれです。

今回の取材対象のミランです。

174

旧ユーゴスラビア紛争時、クロアチアに住んでいたセルビア人のミランは戦火の中、奥さんと二人の子供を連れてノルウェーまで逃れてきましたが、ノルウェー国籍を取得できずにスバルバル諸島にやってきました。両親と兄を戦争で亡くしたミランは、いつか祖国セルビアに戻り、家族四人で暮らすことを切に願っています。でも、息子たちは・・・・・・・・

Rimg0237

ま、とか云いつつ、根っからのハイテンション・ミラン!

OK My friend ! と会話中に連発連呼!

これが耳に心地よい!ある意味、最高のコミュニケーション・ワード!

ある日のこと、「My friend! ヌンチャクできるか?」と突飛な質問

いきなりヌンチャクを持ち出してきて、ま、ブルース・リー世代のオータカとしてはできなくはないので、ちろちろやって見せたのですが、それを見てミラン、口元に不敵な笑み。

そしたら、うまいうまい!、ヒュンヒュンいわしてました。

なんのことはない自慢したかっただけなのですよ!

でも、なぜか、これ以降、僕の事を

ジャッキー・チェン って呼ぶようになりました。

http://hido703.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/call-me-jacky.html

またか・・・・・・・・・

|

« すたっふ~! | トップページ | Africa »

ロングイヤービエン」カテゴリの記事

コメント

your friendですね!
ホントにミランは大高さんの事を信頼して尊敬してるんだな、と微笑ましかったです。
連絡取ってはるんでしょうか。
でも、コミュニケーションの取り方が、面と向かってじゃないと難しいですよね。
それにしても、また成龍…(笑)
小学生の時に大っファンだっただけに、なんかフクザツです(笑)

投稿: まる | 2010年6月 2日 (水) 14時26分

またもジャッキー♪

大高・ジャッキー・洋夫様になっちゃいますね^^

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年6月 2日 (水) 23時14分

ある意味、すごいことですよね。
世界の極限地で、しかも場所なんてすごーーく離れているのに同じことを言われるって。
やっぱり大高さんにはジャッキーのオーラが漂ってるんでしょうね~
今まで意識したことなかっただけに、ビックリしました。
これはもう、ぜひホンモノのジャッキー・チェンに報告しなくては!!

投稿: 鈴江 | 2010年6月 3日 (木) 08時49分

オータカさんとミランさんの交流、とってもステキでした。
OK,My Friend. My friend, My friend! この響きがまだ耳に残っています。繋がろうとする心があれば言葉は通じなくてもすぐ友達になれるんですね。ほとんど通訳は必要なかったのでは?
よその家の奥さんたちとす~ぐ交流しちゃうあたりも、オータカさんとミランさん、そっくりだったりして?bleah

投稿: あんじぇら | 2010年6月 6日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/34970007

この記事へのトラックバック一覧です: 再び・・・・・・:

« すたっふ~! | トップページ | Africa »