« マドンナ | トップページ | ひこーき »

2010年6月10日 (木)

Here Comes The Sun

「きょくや」と入力すると「極や」になってしまい、、キーボードを叩き続けても、目指す正解に到達しません、「局や」「曲や」あと「巨躯や」・・・・ってなんや?

「びゃくや」と入力すれば即「白夜」にヒットするのに

「極夜」の市民権はかなり低いようです。一日中真っ暗だから、あえて皆避けてるのでしょうか。「白夜」の反意語は?と問われ、「極夜」と即答できる人は少ないんでしょうね~。実際、ロングイヤービエン行くまで、僕も知りませんでした~

世界で一番北の町、ロングイヤービエンは北緯78度13分、一年の内11月から翌2月あたりまで「極夜」が続きます。

僕の滞在は3月頭からだったので、ようやく昼と夜のある一日になりつつある時期でした

3月8日、4ケ月振りにお目見えする太陽を迎えるための「太陽祭」が開かれました。猛吹雪で、ほんと鼻がもげそうなくらい寒かったですが、フェルトで作った手作りの黄色い輪っかを首に巻いた「太陽」の子供たちが今か今かと待っていたのですが、残念ながら、曇っていて、肝心の太陽は見ることができませんでした。

Rimg0197

この日まで僕自身、ロングイヤービエンで一週間近く、一切太陽を見ていなかったので、翌日、太陽が出た時は感動しましたね~

168

まさに、太陽の恵みですね。一週間ほどでこんなに太陽が恋しく感じるのだから、4ケ月も見れなかったロングイヤービエンの人たちにとってみれば、まさに遠距離恋愛の恋人に会うような気分なのでしょうか。太陽のありがたさをヒシヒシと感じました。

__jpg

↑太陽祭でいただいたバッヂ

このバッヂをつけて、もうすぐ始まる梅雨を、大嫌いな梅雨を、太陽がなかなか見れない梅雨を乗り切りますか~!

|

« マドンナ | トップページ | ひこーき »

ロングイヤービエン」カテゴリの記事

コメント

太陽が見れないなんて考えた事もありませんが、想像以上にツラいんでしょうね…
太陽が出るのを待っていた、子供たちのわくわく感を見ると、あの日に出てほしかった!
極夜と白夜を体験できる、いい時期に行かれたんですね。

投稿: まる | 2010年6月10日 (木) 08時34分

私も『極夜』と言う言葉は、ここで覚えました。
一日中真っ暗なんて・・・それが何ヶ月も続くなんて。地球とか宇宙とか、そういうレベルの話ですよね。肌で体感してこられた大高さん、本当にすごい体験ですよね~。

去年の夏でしたっけ?日本での日食。
あの時、西表島にいる知り合いが「暗くなって『寒くなった』」と言ってたのが印象的で、太陽の恵みの大きさを感じましたが、ここでそれ以上に太陽の偉大さを感じました!
バッジ、かわいいheart

投稿: 鈴江 | 2010年6月10日 (木) 09時11分

バッジかわいいですね!
太陽が大好きな私には、きっと耐えられませんね…(^_^;)
まもなくやってくる梅雨の季節は、憂うつで仕方ありませんが、雨も自然の大切な働きを担ってるんですものね…。
太陽の恵みの有り難みを感じながら、雨にも太陽にも感謝したいと思います。

投稿: 葉月 | 2010年6月11日 (金) 01時00分

極夜。深いですね~

梅雨なんて無かった北海道も、最近は梅雨に近い現象が訪れるようになりました。

関東の梅雨明け、バッジ効果で早まりますように!

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年6月12日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/35136345

この記事へのトラックバック一覧です: Here Comes The Sun:

« マドンナ | トップページ | ひこーき »