« 一期一会 | トップページ | レナ川の人 »

2010年7月30日 (金)

本文と写真はあんまり関係ありません

かれこれ20年も前のハナシ。日本テレビの「謎学の旅」という番組で、初めて海外を経験しました。崩壊前のソ連とイギリスに行ったのですが、痺れるハナシはもちろん前者の方が多い。けれど、大英帝国で。

2009_106_3 

モスクワロケを終えて、一路イギリスへ。機内でランディング・カードに記入中、職業欄に迷うことなく [ actor ] と。これが悪夢の始まり。ヒースロー空港のイミグレーション、ちょいと意地悪な人もいますよ、と聞かされていました。

「何しに来やがった?」

あ、あの~、テレビの番組で、そろばんのルーツを探しに、大英博物館に行くんですけど

「おめぇさんは何者だい?」

あ、あの、僕はレポーターです

「レポーター!?、ここにはアクターって書いてあるじゃねぇか!これは、いったいどういうこってぇい?おめぇさん、ウソ書いたってぇ~のかい?え!?」

あ、え~と、だから、それは、あの・・・・(なんて説明したらいいんだよ)not only~but also とか使うのか・・・・どうしよ・・・・・

英語力の無さ、度胸の無さを自戒。結局、ディレクターを呼んで説明してもらい、なんとかイミグレ通過しました。

2009_033 

↑これがすっかりトラウマに。やましいことは、蚤のつま楊枝程もないのに、それ以降、イミグレで審査を待つ間、心臓バクバク、キョドりまくりです。

長いフリでしたが、日本から南米へ行く場合、直行便はなく、アメリカ経由となります。アメリカは 9.11 以来チェックがかなり厳しくなり、僕らのように、経由であろうが、アメリカに入国したとみなされ、イミグレで審査を受けなければなりません。

2009_015_3 

実際、ボリビアに行った時、アメリカ・アトランタ空港のイミグレーション。いつものようにキョドってました。周りを見渡せば、いろんな肌の人たち、日本人もそこかしこに。自分の目の前で、日本人が大柄な係官と別室に消えていく様なんて見せつけられたら、キョドり度MAXです。

「どこへ行くんだい?」

あ、ボリビアっす

「何しに?」

あ、テレビのドキュメンタリーで・・・・あ、僕はレポーターです、はい・・・・・

「お金はいくらもってる?」

あ、え~と・・・・持ってません(実際、ドルは持ってなかったからこう答えちまいました)

「何で?」

あ、あの~・・・・・レポーターは・・・・・・・お金いらないんです・・・・・(←何の根拠もないのに咄嗟に云ってしまいました)

「(笑)なるほどね。よい旅を!」

2009_005_2

アメリカのイミグレはいい人だった。

|

« 一期一会 | トップページ | レナ川の人 »

エルアルト」カテゴリの記事

コメント

「OTOKOMAE」でOKだと思うんですが…
でもあれ、待ってる間、かなり緊張しますよね~。
お葬式で前の人の作法をジッとガン見するのと、なんか同じ感覚があります(爆)

投稿: まる | 2010年7月30日 (金) 09時37分

upまるサン、ナイスたとえです!shine

確かに、ただの観光とか、ビジネスと違って「何をしに来たか」が説明しづらいからドキドキしますよね。
まして、自分の俳優業とは違うことやってるわけだし。

そういえば、私の実家は成田空港のすぐそばなんで、主人は海外に出張する時、私の実家に前泊します。
数年前、家族旅行と出張の日程がタイトに重なってしまい、インドネシア→シンガポール→日本で1泊→スイスと移動した時、スイス空港で「どうしてこんなに毎日移動してるんだ。さては普通のビジネスじゃねえな」みたいなことになって、スイス空港で別室に呼ばれたそうです。
怖いわ~

あ、大高さんも早朝のフライトの時とか、ぜひウチの実家を利用してください(笑)

投稿: 鈴江 | 2010年7月30日 (金) 11時46分

私は海外行ったことがないから、どう書こう・・・w

挙動不審になっちゃいますよ、私もきっと・・・。

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年7月30日 (金) 18時40分

ブログ内リニューアル乙であります!

基本インドア派なので海外とか縁がありませんけど、何かの間違いで日本の外に出る時はこの話を思い出すと思いますw

投稿: れみにゃ | 2010年7月31日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/35928166

この記事へのトラックバック一覧です: 本文と写真はあんまり関係ありません:

« 一期一会 | トップページ | レナ川の人 »