« さびしんぼう | トップページ | ロシア人の誇り »

2010年8月17日 (火)

姉妹

ノルウェー人の男性と恋に落ち、故国フィリピンを離れ、雪と氷のロングイヤービエンに住んで11年。笑顔が素敵で、話してるとなんだか癒される三児の母、レルマ。

Rimg0189

実は、彼女の実妹も、同じ COOP で働いています。ロングイヤービエンは、まだ住んで数年程だそうで、週に何回か、外国人のためのノルウェー語講座を受講しています↓。

コーディネーターの村上さん(僕の左)、ノルウェー在住30年でも、ネイティブの人に何度も発音直されてしまうぐらいですから・・・・・・ノルウェー語は相当難しいようです。

紹介が遅れました、僕の右にいるのがレルマの妹、アニータです。

Rimg0261

取材が終わって寛いでいると、アニータが

「ワタシ、ニホンニスンダコトアリマス」

・・・・・・皆の眼が点・・・・・・

初めて COOP の取材をした時や、店長カーリーンさんが催してくれたホームパーティーでも出会ってるのに、そんな事実はまったくわからず、いきなりの日本語サプライズ!

「私、岩手のフィリピンパブで働いてました。2~3年かな、それから、いろんなとこ行きました。東京も。その後、姉のいるロングイヤービエンに来たの」と、なかなか流暢な日本語。

054

で、聞いてる皆の素朴な疑問。

何故、日本を離れココに来たの?

「フィリピンパブは年取るともう働けないの!」と笑顔で答えてくれました。

|

« さびしんぼう | トップページ | ロシア人の誇り »

ロングイヤービエン」カテゴリの記事

コメント

私は母国を離れて、日本語を話し日本で暮らしている人をたくさん見ていますが、どういう理由があってそうなるんでしょうね。
結婚が多いとは思いますが…
自分に置き換えた時、言葉もわからない所で生活できるか、と思うと厳しく感じるんですが、「住めば都」なんでしょうか…

投稿: まる | 2010年8月17日 (火) 09時59分

異国で生活・・・今のところはないですね~

北海道から出たくないと思っている今日この頃ですのに(笑)

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年8月17日 (火) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/36185360

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹:

« さびしんぼう | トップページ | ロシア人の誇り »