« 世界一は今・・・・・ | トップページ | 云えない事情 »

2010年10月31日 (日)

撮影とは・・・・

世界で一番標高の高い街、ボリビア・エルアルト。

宿泊していたホテルは、そこよりちょいと低い、首都ラパス。

2009_042_2

およそ500年前、スペイン人が入植し、建設した、サン・フランシスコ寺院からスタートして、高低差およそ500m程、坂道、階段を、エルアルトまで、徒歩で登りました。ガチで、ホントにガチで登りました。たかが、500mとお思いでしょうが、これが、ただの500mじゃねぇんですよ、旦那!

027_2

なんたって、我々の住む平地と比べて、空気中の酸素濃度が 2/3 

早足で歩いても、数十メートルで息が切れるようなところ。齢50のおっさんが登りきれるかどうか、ホントに不安でしたね~

スタート地点は標高3700m前後。飛ばし過ぎぬようゆっくり歩きました。

そして、スタッフさんは、安原ディレクター、小野塚カメラマン、音声の佐竹さん、コーディネーターのともこさんとネメさん。皆、一緒に登ったのですが、僕以外、皆さん、高地に慣れた方ばかり。

でも、僕を撮るために、後ろ姿やら、横からの画や、前に回って正面からの画、引きの画等々、いろんな角度、いろんなサイズの画を撮るわけです。そのために、先回りしたり、後からついて行ったり、すこし離れたところから、と、僕なんかより遥かに移動が大変なわけですよ。

僕は、自分のペースで歩いてはみるものの、後半、これでもかっちゅうぐらい続く、階段攻撃に、心臓が爆発寸前でした。もう、数段登るだけで息が切れ、休んではまた数段、の繰り返し。ホントにつらかった~

無事、2時間半ほどかけて、目指すエルアルトに到着しました

2009_125

で、到着のほんのちょいと前、階段上に先回りして僕が登ってくる画を撮ろうとセッティング中の小野塚さん。

2009_138

無事カメラ横を通り過ぎ、頂上までもう一息と思いきや

「オータカさ~ん、手すりに顔がかぶって見えなかったから、今のNGで!」と

安原さんの悪魔のささやき

2009_140_3 

↑一回登った階段を、もう一回降りて行く、おっさんの図

撮影は大変なのです・・・・エヘヘヘ

あ、昨日、オータカ、初ヒートテック。例年より、一週間ほど早い、初ヒーでした。ま、どうでもいいですけど・・・・・・

|

« 世界一は今・・・・・ | トップページ | 云えない事情 »

エルアルト」カテゴリの記事

コメント

すんごい離れた所から、大高さんがのそのそ(スミマセン)階段を登って行く画がありましたけど、こんなんどうやって撮ってんの!と思ってました。
このカメラの人だけ後で合流するんやろうか、とか色々…(笑)
ヒートテック、新潟の時もあればよかったですね。

投稿: まる | 2010年10月31日 (日) 10時13分

凄く綺麗な街ですね〜shine
それにしても、見てるだけでも登るの大変そうですね!!
でも、大高さんはおっさんじゃないので、写真の笑顔が素敵ですhappy01heart04 カッコイイですheartエヘヘ
私もヒー、同じくらいに始めましたw

投稿: yuki | 2010年11月 1日 (月) 05時56分

撮影の為に、また階段を降りていたんですかsign02
ふらふらなのに・・・キケンじゃないですか!
ちょっとカメラの位置を変えて、顔が撮れるように・・・とはいかないんですね。ハードなお仕事だなあ~wobbly

でもそんなこと感じさせない、素敵な笑顔ですね!
さすが大高さんheart

そういえば、私は大高さんより早くヒートテックでした。寒がり?いや、海近いから寒いんですsweat01

投稿: 鈴江 | 2010年11月 1日 (月) 10時10分

心臓に悪いロケでしたね。

容赦ないNG・・・の宣告・・・。

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2010年11月 2日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/37439360

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影とは・・・・:

« 世界一は今・・・・・ | トップページ | 云えない事情 »