« レポーターの条件 | トップページ | 流行 »

2011年1月11日 (火)

当世トイレ事情

世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコンは-50度を超えるというのに、トイレは室内ではなく、外にあります。

031_2

極寒下、お尻をさらし「大」をするのは、それはそれは命がけ・・・・・というのは大げさですが、なかなか、味わうことができないスリリングな体験です

ポットン便所で、モノは逆さツララのように積み上がるのですが、これが、春先、溶けて肥料となるため、お尻を拭いた紙は一緒に捨ててはいけないのです

で、次に行った 「地球」で「イチバン」標高の高い街 ボリビア・エルアルト

036_2_2 

宿泊した、ホテル プレジデント

トイレの諸注意として、紙を一緒に流さないでください、と。

何故と問えば、「流れないから」と

確かに、トイレの水の流れ、全然勢いがないのです

文化系なので、高地における 気圧と水圧の関係とか問われても、さっぱりプ~なので、そこいらへんは忘れてください。

2009_170

トイレ内は、オイミャコンと同じく、便器のそばに、拭いた紙を入れるボックスがあります。

「大」をするたびに、残便のついた紙を小さくたたんでボックスに入れておりました。

撮影を終えて、ホテルに戻れば、部屋はキレイになってるわけで・・・・・え~、だから、なんだか、ベッドメイクの方に、すまないやら恥ずかしいやら、なんとも云えぬ複雑な気持ち満載の日々・・・・

我が家のウォシュレットが壊れたので、ふと思い出したハナシ。

|

« レポーターの条件 | トップページ | 流行 »

エルアルト」カテゴリの記事

コメント

オイミャコンの時は、事前にお伺いしてたので、本気で大高さんがヤバい!と思ってたんですが、トイレってどうなるんやろう?が、疑問でした。
まさか、外にあるとは思わなかったんですが、知人に
「そんなに寒かったら、出た途端凍っていくで」
と言われ、ベルギーの某小僧を思い出したり…(爆)
とりあえず、「出た途端」ではなくてよかったです。
割と「出た途端」説は信じてて、かなり心配してたんですが(笑)

投稿: まる | 2011年1月11日 (火) 10時08分

紙は流さないでください・・・・

実に、実に複雑な思いの残るトイレですね。

ちょうど今、娘がトイレトレーニング中なのですが、おしり拭きはたいていがトイレに流せない材質で(中には流せるものもありますが、ちょっとお値段お高め)やっぱり別にトイレ脇のごみ箱に・・。
同じことをしていたんだなあ・・と、おかしく思いました。

まだまだ快適ウォシュレット生活の国ばかりではないんですね~

投稿: 鈴江 | 2011年1月11日 (火) 14時53分

世界の事情を知るたびに日本は恵まれた環境にあるなぁと。
でもゴハン前に見る記事じゃなかった・・・ww

投稿: れみにゃ | 2011年1月11日 (火) 18時57分

流しちゃダメな国もあるという事を しりました。
ふむふむ。でも海外に行く経験がこの先あるかどうか
・・・w

投稿: ブースカ@メドメドリ | 2011年1月22日 (土) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/38418235

この記事へのトラックバック一覧です: 当世トイレ事情:

« レポーターの条件 | トップページ | 流行 »