« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

フォトコン!?

ぶっちゃけ、極限地とは云い難い 世界一番紀行の第五弾ですが

なんやかんやと、いつ放送されるのかもわからぬままヒントを出し続けておりますが

「ここではないどこか」での某所でロケ中

ふと目に入ったものを僕が写真に収めると

映像技術の川畑さん(左)と音声の泉さんが立て続けに、同じくシャッターを切りました。

Rimg0239_2

ま、そこに行けば、フツ~に目に飛び込んでくるもので、当然、写真に収めたくなるようなシロモノですから、当たり前と云えば当たり前なのですが・・・・

これも、極めて強烈なヒントとなりますが、国は限定されても、何が「世界一」なのかまではわかりかねるかな、と・・・・・・

というより、どの写真がいいですか?

Img_0144

Rimg0248_2

428

敢えて、誰の写真かは云いませんけど。エヘヘヘヘ

註・最初の写真、手に持ってるものや、バックの風景等、「ここではないどこか」に繋がるものはモザイクかけちゃいました。コーディネーターのレオさんまで・・・・レオさん、ごめんなさい!

461

↑レオさんです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

まだまだ癒えぬ高山病・・・・・

2009年8月15日

 終戦記念日&愛犬ちょこの誕生日(6歳)。

昨夜、入眠剤を飲んだので、三時間程だが爆睡できた。朝食で小野塚さん佐竹さんと合流。安原さんが後から。眠れず、6時頃朝食をもう食べた、と飲み物だけ。

10時半出発。コーディネーターのネメさん「ジャッキー、具合はどうだ?」と。

2009_086_2

標高の低い、白人の多い地区に行き、インタビュー。皆、こころよく応えてくれる。「エルアルトは怖いところ」と云われ不安に。

途中、おばさんがいきなり近づいて来て手を握り「ハ~イ!ジャッキー・チェ~ン!」と。ただただ、びっくり。もう、ジャッキーで いくか!

昼、Samurai という店で、さしみ定食。フツ~に美味い。食後、お祭りを見に。華やかな民族衣装。ちと元気もらった。しかし、空気が薄いのによくあんなに動ける。

2009_020

その後、エルアルトの方へ行き、実景撮影。絶景だ。山の中に囲まれ、これでもかと家々がひしめき合ってる。

2009_042_2

でも寒かった。寒暖差が激しい。

それから、明日のチョリータ・プロレスの打ち合わせ。会場ではフットサルをしてた。何でこんなに動ける!階段を数段昇っただけで息は切れ筋肉痛になるのに。標高4135m。

ホテルに帰ってレストランで食事。あんなに美味しかったコカ茶が美味く感じない。食欲は少し回復。

016

ウォルターさん(コーディネーターのともこさんの夫)が明日ペルーに帰る。淋しい。世話になった。楽しかった。帽子をいただいた、多謝。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

大ヒント

ウチの、はばかり には世界地図が張ってあります。

日本が極東ではなく、ほぼ中央にあるヤツです。

5度目の世界一番紀行

いまだ情報解禁できず、ご迷惑おかけしておりますが、安原ディレクターの編集ももうすぐ終わり、小野文恵アナのナレーション録りと僕のモノローグ録りの日が近づいております。

さて、トイレの地図には、過去4度の「過酷地」を印づけておるのですが、今回行ったところも書き加えてみると、ハタと気づきました。

東京からの直線距離、という点で見ると、今回行ったところが一番遠いのです

Ap1000618

さ、さ、これすごいヒントですね~

世界で一番寒い村、ロシア・オイミャコンは、日本を真っすぐ北上したところにあり、直線距離では一番近いのに、丸4日はかかりますから、すごいとこです。

世界で一番標高の高い街、ボリビア・エルアルトは、アトランタ、ペルーを経由して行きました。

世界で一番北の町、ノルウェー・ロングイヤビエンは、ロンドン、オスロを経由

世界で一番暑い土地、アファール三角地帯・ジブチは、ドバイ経由

で、この四ヶ所だけだと、エルアルトとロングイヤービエンが直線でほぼ同じぐらいの距離です。それより遠い、今回の場所、そして、2月末に出発したのに、半袖。

Rimg0139

さ、もうわかったでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

地球へ

昨年の2月に訪れた、世界で一番北の町 ノルウェー・ロングイヤービエン は北緯78度13分

地軸の傾きによって、毎年11月から翌2月ぐらいまで、一日中真っ暗の 極夜 が続きます。一日中という云い方はおかしいですね。その、ほぼ4ケ月の間、ず~~~っと真っ暗なのです。

167

3月上旬、ようやく太陽が顔を出始め、それを祝う「太陽祭」が行われるのです

Rimg0195

6月あたりから、今度は 白夜 が続く 云ってみれば、かなり、フツ~じゃない場所です。

135

東日本大地震の影響で、地球の自転速度が増して、一日の長さが100万分の1.6秒、短くなった、と NASAから。

で、文化系のオータカ 全く忘れていたことをちょいとネットで調べてみると

地球の自転速度は、時速1670km(秒速460m)

747 ジャンボ機が1000km/h 前後ですから、僕らはかなり速い、ジェット機に乗って生きてるわけで・・・・・

しかも 公転速度は、もっと早く 時速10.8万km。なんと、秒速30km だそうです。

もう、例えになるようなものもないくらい速いメリーゴーランドに乗ってることになります。

057

なんだろう、ちょいと哲学しちゃうけど、ほんと生かされてる感 Max になるような数字の羅列です。

ロングイヤービエンの長く暗い 極夜 がほんの、ほんの少し短くなったけれど、それよりも、「もう勘弁してくれよ、地球!」と声を大にして云いたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

ヒントはTシャツにあり!?

あ~、そうさ、あったかいところへ行ってきたのさ!

そりゃ、わかるよな、2月に行ったのに、ちょいちょい見せてる画像が、明らかに半袖だし、冬空特有の暗い感じは微塵もないし・・・・・

そうだよ、毎日暑かったのさ、でも、世界で一番暑いとこは、去年行っちまったからね~

と、ちと乱暴に始めてみました。

エヘヘヘヘ・・・・・半袖着てる自分にモザイクかけるという、ささやかな抵抗もやめます。

449

↑これは、僕が今回行った「ここではないどこか」での、メインイベント当日

なんのこっちゃさっぱりわからないのは、誠に申し訳ないのですが、後方に映っているのは果たしてなんなのか、ヒントはこれ

456_2 

おっちゃんの頭にご注目~

これでも、なんのこっちゃ~ですよね~

では、最後のヒントはこれだ!

Rimg0215

オータカは何故こんなポーズを取っているのでしょうか

でもね、それがわかっても、今回の世界一番紀行が何なのかにたどり着くには、相当困難だと思います

だって、わかったら困るもん・・・・・エヘヘヘヘ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

演出

世界で一番暑い土地 アファール三角地帯・ジブチ を訪れたのは去年の9月。

386

なんたって、連日、50度近い気温の中、汗かきまくりあがりで撮影しとりました。

440

否応なく、体力気力は奪われ、精も根も尽き果てんかな、の状態でした。

565

撮る画像の顔は、みんな若干、悲愴感漂わせております

440_2

そんな中、別に意識したわけではないのに

暑くて元気がなくなりかけてる皆を盛り上げようとかなんて思ってたわけではないのに

何故か、この ジブチ編では、我らがリーダー、安原ディレクター(↓真ん中)は、この言葉を僕によく云いました。

Img_0184_0

「オータカさん、ここは 笑い なしで!」

いや、笑かそうと思って、おもしろコメント考えてるわけでは決してなくて・・・・・エヘヘヘヘ

でも

実際、放送を見て、安原さんの演出の正しさ、痛感いたしました。

僕は誓いました

「一生、安原さんについて行こう」と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

ここも過酷地!?

4/11の続き

11年前、「ロデオ 男たちの挑戦」という番組でアメリカに行きました

ロデオは、始まる前や、インターバルで、クラウンの方が出てきて、大いに盛り上げてくれます

557

この方は、普段は高校の先生をしておられる方で、夏休みにキャンピングカーを乗りまわして全米各地を回っているそうです。

写真ではいてるクラウン専用のダボダボのジーンズ、いただきました。

ロス、ソルトレークシティと経由してようやく着いたモンタナの空港から、すぐにロデオ会場を見学に行ったのですが・・・・

そこで、いきなり、馬糞・牛糞の強烈なオイニ~の洗礼

正直、鼻 もげそ~ でした・・・・・・が、そこはそれ、住めば都、郷に入っては郷になんたら、数日もすると、全く気にならなくなりました。

滞在中、独立記念日(7/4)もあり街は盛大なパレード。あと、撮休が一日あり、皆でイエローストーン国立公園に遊びに行ったり・・・・・

な、なんだろう 世界一番紀行と比べると全然違うこの感じ・・・・・・

全米ロデオチャンピオンに輝いた Deb Greenough とパシャリ!

553

左はカメラの米谷さんと音声の田岡さん、右はディレクターの青戸さんとコーディネーターのキムさんです

ロケ中、一番怖かったのはDeb が大会に出場するため全米を回るのですが、それを追っかけるため、僕もセスナに乗り随行したことですね。

大の飛行機嫌いで、しかも、年に数回事故が起きてるとか乗る前に聞かされてるし・・・・ま~揺れる揺れる、気持ち悪かったな~

ま、セスナにジェット機、とにかく飛行機に乗りまくったということでは、過酷・・・・だったかな~、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ホームステイ~~~

2009年2月11日(水)

 5時過ぎに目が覚めた。パンツのままでは流石に冷える。(註1)タイツをはいてもうひと眠り。7時少し前、安原さんの目覚ましで起きる。おしっこに行く。-47℃、寒い!流石に30度台とは違う。冷気が肺に入って、咳き込みそうな感じを再び。(註2)耳が冷たい。手袋してなかったから、すぐ指先が痛くなった。

032

朝食。チャイ、パン、レバーライス(美味)

8時出発 ホームステイ先 ディーマさん宅。奥さんのナスチャさん、おばあちゃんのアナスタシアさん(↓)、長男シミョン、長女ディナーラ(↓)、次女ディアーナ。皆、笑顔で迎えてくれた。まずトイレを借りて、その後、皆とお茶。

038_2                 

ひと段落してから、ナスチャ、ディナーラと買い物。村で一軒の売店へ。

お昼に主人のディーマさん帰宅。皆で昼食。馬肉のスープがミンニゲース!。(註3)

子供たちも人なつこい。で、シミョンとディナーラが家事をよく手伝う。感心する。

お湯をわかして洗濯。外に干して5分もたたないうちにパリパリに。

濡れタオルを回してみた。数分で、立った。

シミョンが牛(4頭)を川まで水を飲ませに連れて行く。凍らないインディギルカ川。

帰って来て子供たちとチェス、折り紙等々。

アレックスさんと泊めてもらう部屋に、なんとギターが飾られていた。オイミャコンまで来て、ギターが弾けるなんて。調弦はメチャクチャ、合わせてちょいと弾いてみた。至福。

037_2

夕ご飯。インディギルカ川で釣った魚のルイベ。馬肉のルイベ。ナマズをすり身にしてカツレツ風にしたものと玉ねぎチャーハン。

しょうゆの素晴らしさを力説してルイベをわさび醤油で勧める。皆、おいしいと云ってくれた。

食後、ディナーラとチェス。連敗、三回目にようやく勝った。

ギタータイム。「雪やこんこん」を弾き語り。皆にも日本語を教え一緒に歌う。ヤクートの歌も。ギターで合わせたり、いろいろ楽しかった。気が付けば11時過ぎ。子供たちは就寝タイム。安原さんら撮影隊も帰り、アレックスさんとチャイをごちそうになる。

レッドベリーと生クリームで作ったアイスクリームが美味。

027_2

日本人より日本の事に詳しいアレックスさんと就寝前にいろいろ話す。いい時間だった。

註1・室内は暖房ガンガンなので、暑すぎてパンツ一丁で寝たのですよ。

註2・ヤクーツクで-36℃で外にいきなり出て、咳き込んでコメント云えず、を経験したのです。

註3・サハ語で、美味しい!の意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

車のメーカーは・・・・・

世界一番紀行・第五弾

僕が行った街は、こんなとこです

Rimg0080

カラフルですね~ 綺麗です。

およそ、このブログタイトルにふさわしくない土地です・・・エヘヘヘヘ

こんなピンクの建物まで

581

思わず、記念写真です。

さて、首から下、なんでモザイク!?とお思いでしょうが、あんまり深く考えないで下さい。ささやかな抵抗・・・・・かな、と。

そして、こちらが、毎日乗って撮影地に行ったロケ車です

Img_0132

FIAT です・・・・でも

僕が行ったのは、イタリアではないんですよ

う~~~イタリア行ってみて~

パスタ大好きだから、パルミジャーノレッジャーノがたくさんかかったのとか食べてみて~

で、NHKの下がモザイクなのは何でかというと、そこに、ほにゃれれ語の文字が・・・・・

その、ほにゃれれ語から、行き先が大方しぼられてしまうので・・・・・

う~~ん、早く情報解禁にならないかな~

云いてぇ~!楽になりてぇ~~~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

大掃除してたら・・・・

家ん中、大掃除してたら、懐かしいものが出て来ました。

11年前、NHKのBS2で放送された

http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090008080130044/

「ゆっくり世界旅 ロデオ 男たちの挑戦」

のロケ中に撮った写真です

559

接写してますので、ちょいと画像わろしはご勘弁を!

アメリカはモンタナ州に住む、ロデオマン、Deb Greenough を追い続けたドキュメンタリーです。彼は、僕が取材する数年前に全米ロデオチャンピオンになった凄男なのです。

554

ロデオ大会に参加する彼を追っかけ、モンタナ・コロラド・ワイオミングと三州を移動しました。

流石、全米チャンピオン、僕の目の前で、とある大会で見事一位に!

彼の種目はベアバックライダーと云う、鞍の無い、暴れ裸馬にまたがり、8秒間乗りこなすというもの。

ロデオの生の迫力はそれはそれは凄まじいものです。実際、僕も、馬では無理なので、ポニーあたりでロデオに挑戦する、というハナシもあったのですが、「ポニーでも危険だから、やめた方がいい」と云われ、ただ、馬に乗って、ちょいと走っただけでした。

556

世界一番紀行でおなじみの、闘うカメラマン米谷さんとは、この時が初顔合わせでした。楽しかったな~。隣は音声の田岡さん、今はもう現場に出なくなったとか・・・・

それにしても、モンタナの風に吹かれて見た、360度地平線は、忘れられませんね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

公約どおり・・・

もう帰国して、ひと月近く経ちました。

毎度毎度のことですが、今回も刺激的な旅でした

で、ズバリ、世界一番紀行・第五弾 のテーマは、コレです

Img_0162_2

モ有 で恐縮です

しかも、一昔前のAVのモザイクで、目を細めて見ても、なんのこっちゃわかりませんが、いや、わかっちゃ困るので・・・・でもね、わかっても、これが、「世界一番紀行」とどう繋がるのかはかなり難しいです。

だったら、モ無 で見せろよ、と云われてしまいそうですが・・・・エヘヘヘヘ

じゃ、もうちょいと、分かりやすいものを

564

これなら目を細めれば、なんとなく分か・・・・・・・・・りませんね~、すんません

あ、でも、3m程離れて見てみてください。なんとな~く、雰囲気つかめます。

でも、これが

「世界で一番、ホニャレレなホニャレレ」に、どうたどり着くのでしょうか・・・・・思わせぶりばかりですんません

じゃ、最後に、ハイパーギリギリモザイクな一枚

474

撮影がウマいこといったご褒美に「隣町」の世界遺産に行った時のオヤジにんまり です。

すわっ!わかりました~?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

ただただつらい高山病・・・・

2009年8月14日

 コカ茶のせいか、何度も目が覚めておしっこ。朝食で小野塚さん佐竹さんと合流。

2009_080

高地に来たら、慣れるまでは熟睡できないんだそうな。

朝食でもコカ茶を飲む。まだ本調子じゃない。

11時出発、白人が多く通う学校に行く。

現地コーディネーターのネメさん、陽気な人だ。「お前、ジャッキー・チェンか!?」と軽いジャブ。

026_2

富裕層が暮らす下の方へ、高度は下がって行くのに、ディーゼル車の軽油の臭いのせいか、はたまた純粋に高山病のせいか、徐々に頭痛が。

現場についてもおさまらず腹式呼吸を。

「オータカさん、顔色、真っ青です」と小野塚さん

子供たちの下校シーンを撮る予定が、かなりな頭痛と気持ち悪さと・・・・やばい。

アスピリンを買ってもらい二錠飲む。ネメさんがコカの葉を持っていたので噛む。高山病に効くんだそうな。日本には持ち込めない、コカをかじり、コカ茶を飲む・・・・不思議な気分

昼食、中華。食欲はなかったけれど、少しアスピリンが効いてきたので、頑張って食べた。

具合があまり変わらないので、午後から撮影スケジュールを変更して実景撮影&ロケハンに。僕は、ともこさんの旦那さんにホテルまで送ってもらい休むことにした。ともかく寝た。ゆっくり寝た。おかげで調子はだいぶ戻った。

006

高山病、恐るべし。まじ、帰りたいと思ってしまった。(註1)

2009_168

夕食はボリビア料理を外に。レモンチキンとスープ。スープはいろんな具材が入って美味しかったが、肉は?????(註2)まだヒットがないな~

2009_070_2

ホテルに戻り、シャワー。そう云えば、高度が高いから、水圧もままならないのか、うんてぃーが流れ切らない。紙は流さないで、と云われたのがよくわかる。

明日あたりから、身体が順応し始めることを願うばかりだ。

註1・ほんとに泣きたくなりました。ここだけのハナシ、事務所の社長に、「つらいっす!」とメールしました。エヘヘヘヘ

註2・美味しい肉は全部、アメリカに行っちゃう、と云われましたが、真意の程はわかりません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

有・・・? 無・・・?

情報解禁まで、皆さまになんとか一枚でも多く、今回の「ここではないどこか」の画像をお見せしたいと思ってはいるのですが・・・・

前回のジブチに勝るとも劣らないくらい、ほとんどの写真が、モザイクなし、いわゆる { モ無 } 、ぶっちゃけ無修正でお見せできるものが、ほとんどございません。すんません。

撮ってきた画像を穴のあく程見てはいるのですが、これもダメ、あれもダメ状態です。

その中でも、モ無 でお見せできるヤツを

Img_0126

これは、行きの最初のトランジット地の、○○○です。成田を夕方出発して、12時間程経った頃でしょうか、もう日付も変わり、時差もありで、朝食なのか、昼食なのか、はたまた時間的に夕食なのか、わけのわからん食事中であります 

で、これは、帰りの機内からの一枚。

Img_0291_2 

実際、僕は窓際の席ではなかったので、これ見てません。映像技術の川畑さんが撮った画像です。きれいですね~

あ~、いや、あの、だから、本編の画像はどれもこれも、ヒント満載の画像でして・・・・

探します探します・・・・・・

あ、ありました。ロケ中の写真が

モ無 です

あ、あの、その国の料理に正直飽きて、日本食が食べたくて入ったお店の写真です

496

でも、残念な味でした

すんません、やっぱり、次回からは モ有 で!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

今だから話そう・・・・・

2009年の2月に始まった、世界一番紀行の旅

それから、ほぼ半年に一度のペースで、ついこないだ5度目の旅を終えたところです。

2010年 3月、約一年前、世界で一番北の町 ノルウェー・ロングイヤービエンを訪れたのが3度目の世界一番紀行でした。

実際のところ、Part3があるやなしやで、年が明け、急に決まった感は、今回のPart5に近いものがありました。

機内の窓から見えた、ロングイヤービエンのあるスバルバル諸島は、正直、キレイだったけど、えらいところへ来ちまったな~と思いました。

Rimg0092

僕らが宿泊したゲストハウス。

099

元々、炭鉱夫たちの宿舎だったようで、部屋の間接照明はヘルメット・ライト

069

こじんまりとした室内。

068_2

毎日、朝から晩までロケして、この部屋で日記を書き、本を読み、iPhoneのゲームをしておりました。

が、正直、いろんな意味で一番苦しんだのは、このロングイヤービエン編でした。

実は、ぴ~のぴ~が、ぴ~で、ホントに大変だったんです。だって、ぴ~のぴ~は、もうぴ~なのに、全然ぴ~なんです。だから、僕もぴ~ぴ~ぴ~で、最後はもう、ぴ~ぴ~で、皆もぴ~ぴ~ぴ~!

すんません、やっぱ、云えません。エヘヘヘヘヘ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

今日と云う日に・・・・

エヘヘヘヘヘ

367

エヘヘヘヘヘ

370

エヘヘヘヘヘ

Img_0186

エヘヘヘヘヘ

373

エヘヘヘヘヘ

110311_122854

僕が先日、行った「ここではないどこか」は

世界で一番美女の多い街 です

なんてな~~~~~~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »