« 放送日が・・・・・・ | トップページ | 日本人だもの・・・・ »

2011年6月16日 (木)

Life is beautiful!

アッサル湖の塩を運ぶキャラバンに随行し、途中、野しっこ・野うんこ を伴う、何年ぶりかの野宿をし翌朝、キャラバン隊長のアブダッラさんの村に着きました。

村といっても、礫砂漠の上に、ナツメヤシの茎で編んだダボイタと呼ばれる家の集落です。

589

中で、アブダッラさんの一番下のお子さんが昼寝をしておりました。

591

村に着いて、女の人たちが水を汲みに行くというので付いて行きましたが、御覧の様な川の水を汲んで、それを飲み水やらなんやら使うわけです。はっきり云って、びっくりするような濁り方です。

584

それを、子ヤギの水筒(?)に入れたり・・・・これは、保冷効果があるそうです。ちと、かわいそう~

583

で、アカシアの木陰で、お茶会です。

Dsc00633_0

その濁り水で作ったコーヒーにパン。

578

ちょいと、躊躇しましたが、沸かしてるし・・・・大丈夫だ、飲んじゃえ~

美味しかったですよ!ま、順応したのかな~

でも、人が生きて行く上で、一番必要な「水」がままならない土地で生きて行くことは極めて困難だと思うのですが、村の人たちはとてもたくましかったです。

ジブチの軍が、井戸を掘ろうと懸命に試みているのですが、もう2度失敗してると聞きました。せめて、潤沢な井戸水があれば、と思うのですが、アブダッラさんは、「神から授かった土地で生きる。ここには何にも束縛されない、自由がある」と。

深い!深すぎる!でも、生きるのは大変だ!と思いながら、この地をあとにしました。

|

« 放送日が・・・・・・ | トップページ | 日本人だもの・・・・ »

ジブチ」カテゴリの記事

コメント

このジブチの放送でもオイミャコンの放送でも感じましたが、本当に『命の水』ですよね。
でも実際には、こういう泥水でミルクを作り赤ちゃんの死亡率が高い地域もあるそうなので、ジブチの人たちは本当にたくましいと思います。

そっか・・大高さん、楽しそうに蒸しパン作ってましたかが、この水だったんですよね!
極限地にすっかり順応してますねshine

投稿: 鈴江 | 2011年6月16日 (木) 10時40分

さすがお土地柄、コーヒーが出るんですね!
女性が淹れてましたか?
煮出し式かなぁ…
水って大事ですね。
普段ひねれば出てくる生活しか送った事がなく、近所でも湧いてるので、不自由した事がありません。
井戸が掘れるといいですね。
心からそう思います。

投稿: まる | 2011年6月16日 (木) 11時58分

一身上の都合により二週間ぶりです。
その濁った水で作ったパンとコーヒー。。。
その場に私がいたら同じようにできるか・・
贅沢に生きてるつもりはないけど・・・自信ないです。
大高さんエライです。。お身体大切に。

投稿: tosi | 2011年6月16日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/40285448

この記事へのトラックバック一覧です: Life is beautiful!:

« 放送日が・・・・・・ | トップページ | 日本人だもの・・・・ »