« 露すけ!? | トップページ | コーラ »

2011年8月19日 (金)

ドキュメンタリー撮影とは!?

ドラマの撮影の場合

入念なリハーサルをし、カメラワークを本番同様にチェックしながらのランスルー、そして本番、と何回か同じ芝居をします

では、ドキュメンタリーは????

ま、時と場合によりますが、撮り直しがきく場合はやります。でも、ぶっつけもあったり、スリルとサスペンス満載です

で、世界で一番標高の高い町 ボリビア・エルアルト

約3650mほどの首都ラパスから、500m上のエルアルトまで坂、階段と格闘しながら登った時の撮影は、というと

2009_042

基本、カメラクルーの方々が撮影ポジションを移動させながら、でしたので僕は薄い酸素に抗いながらゼーハー歩くだけでした。

でも、いわゆる、ちょっとしたことで出るNGの場合、撮り直しになるのですが、ここは標高4000m それはそれは一回のNGが命取りになるわけですよ(笑)

「オータカさ~ん、ごめんなさい、もっかい下まで降りて上がって来てくれますか~」

2009_139

悪魔のささやきです

そして、放送をご覧になった方はおわかりだと思いますが、大ロングのカットがあるのですが、その撮影は、まず僕とコーディネーターのネメさんを残し、撮影隊は車ではるか離れた場所まで移動するわけです。なんたって、どん引きのカットですから。僕はネメさんと撮影隊からトランシーバーで指示があるまで待機です。ご存じ放置プレイ!。カメラ位置も決まり、ようやく撮影が始まると思いきや、これが、トランシーバーの電波状況とかなんやかんやあって、一発で決まらないわけですよ。

都合、3回登ったような・・・・

もう、息も絶え絶え、へろへろへ~でした。何度も云いますが、標高4000m超えですから・・・・

でもね、OKが出て、撮影本体に戻った時、カメラの小野塚さんに

「オータカさん!いいカット撮れましたよ~」と

2009_125

頑張った甲斐がありマスター

|

« 露すけ!? | トップページ | コーラ »

エルアルト」カテゴリの記事

コメント

極地の、それも高地の撮影のご苦労をちっとも知らずに
キレイな景色に見とれていました。。
かくいう私も二日おきにここのサイトに辿り着くまで、
どんなに時間がかかっているか・・
02年、パソコンのパの字も知らないで、
気に入ったデザインのバイオノートを衝動買い!
数年後にXPが出たばかりだった事を知り、セーフ!
それから現在に至っていますが、
もう動作が遅くて遅くて難儀しています。。
でも愛着があって手離せません。
しばらくはこのまま楽しませていただきま~す^^;


投稿: tosi | 2011年8月19日 (金) 11時51分

悪魔のささやきカットやどん引きカット…ドキュメント撮影って本当に過酷なんですね~(Θ_Θ)
でも、それをみ~んなど~んとデッカい器で引き受けてレポートされる大高サンはすんばらしいです◎
NHKさん、次回作放送を「巻き」でお願いしマスター!!

投稿: 葉月 | 2011年8月19日 (金) 14時05分

え・・・・この高地での階段攻撃、3回もやってたんですかsign02
それ、悪魔のささやきとはいえ、ひど過ぎwobbly
大高さん、すご過ぎhappy02
その甲斐あっての、本当にすばらしい景色でした。

私はお盆にお寺の階段(ちなみに108段)登っただけで、かなりゼーハーでした。役者さんにはなれませんsweat01

投稿: 鈴江 | 2011年8月22日 (月) 07時50分

あれ、大ロングの場面のからくりは内緒ではありませんでしたか?(笑)
ドキュメンタリーっていっても、やり直しもあるんですね。
大高さんがじゃがいも投げてキレてるとことか、放送できませんしね~。
私は全て受け止めますが(笑)

投稿: まる | 2011年8月22日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/41140326

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー撮影とは!?:

« 露すけ!? | トップページ | コーラ »