« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

ご報告 again and again

すんません

また、ばっくれます

世界一番紀行です。

Ti1

6度目です。シーズン6です。・・・・・・「24」か!

今回は

過酷です! エヘヘヘヘヘヘ

「やっぱ、オータカさんの世界一番紀行はこうでなくちゃ」と云われました

3月に行った「世界で一番○○な○○ー○」と一挙放送・・・・予定と聞きました。

お楽しみに!

では行ってきます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

オラは吸わないけど・・・・・

「ディレクターは現地に先乗りしていますので、オータカさん、おひとりで行くことになります。○○○ー○ーでドメスティックに乗りかえて、○○○○ー空港で、ディレクターとコーディネーターが待っておりますので・・・・」

「・・・・・・・・」

「あ、云い忘れましたが、ディレクターの方がカメラも回しますので、基本3人です」

「・・・・・・・・あ、そうなんだ」

「気をつけていってきてください」

「・・・・・・は、はい」

1285

僕の、ささやかな心配なんか軽~く吹っ飛ぶぐらい、ディレクターの太田さんのカメラワークは、本職のカメラマンもびっくり(とオラは思う)

これは、楽しい仕事になるな、と。

見事的中であります。ホントに楽しかった。

「自分で撮って自分で編集するから・・・・・・好きな画を撮れるし・・・・・・」と

1311

カナダの大パノラマ自然を撮影したあとの一服は最高らしいです

何度も聞いた、太田さんの

1309

「超うめ~~~~~!!!!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

上陸直前

2010年3月3日

入眠剤を飲んで寝てみたものの時差ぼけか何度も目が覚める。6時半、シャワー。7時に下に降りて朝食、安原さんも合流。朝食後、部屋で一休みしてから、町にくりだした。

027

トロリーバスが走ってる。

037

駅前のメインストリート、Hard Rock Cafe があった。

032

王宮の手前を右手に折れ、国立美術館へ。

034

ムンクの叫び (註・1)がお目当てだったが、「マドンナ」に感動。ピカソやモディリアーニもあった。

ホテルに戻り、11時出発。高台の上からフィヨルドの撮影。

044

その後、オープニングコメント。

インタビュー。ノルウェー人はシャイな人が多い。半分近く、断られる。

ホテルに戻り、いったん休憩

寝てしもた。安原さんに電話で起こされ、オスロ市内にある「満寿司」へ。カウンター奥で、手袋をして、寿司握ってる。(註・2)

しゃりが固い。

明日はいよいよ、世界一北の町、ロングイヤービエン上陸。飛行機で4時間ほど。

とにもかくにもがんばるべ!

註1 「ムックの叫び」や「ツンクの叫び」が見たい方は前の方探してみてください、エヘヘヘヘヘ

註2 素手で握るものを食すことに、ちょいと抵抗のある西洋人がいらっしゃるようで、こんなんしてるそうです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

テトリス!?

オイミャコンへはモスクワからドメスティックでヤクーツクへ行き、そこから800kmの道のりを車でひた走るのですが、その最初の拠点である、モスクワを初めて訪れたのは、今から21年前、番組は日テレ「TVムック 謎学の旅」

崩壊前のソ連時代でした。

当然、なんやかんや厳しくて、その時は赤の広場のど真ん中でコメント撮りをしようとしたら、許可を取っていたにもかかわらず、いきなり警察官に取り囲まれてしまいました。

「怖っ!」

事情を説明して事なきをえましたが、恐るべしソビエト社会主義共和国連邦。

それから21年、ロシア連邦。再び、クレムリン。

ペレストロイカ後、少しはいろんな意味で緩くなってると思いきや、そこらへんはあまり変わっておらず、びくびくしながらのコメント撮りでした。エヘヘヘヘヘヘ

無事、撮影を終えて、ほっと一息、記念写真。

029

やっぱ、ワシリー寺院は美しかった~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

広すぎるぜ!

カナダの国土面積は日本の27倍ほどもあるのに、人口は、ほぼ4分の1の3300万人だそうです。

とてつもなく広いです。人口密度も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すごい数値・・・・だと思います。

で、その広い、果てしなく広いカナダのどこに行ったかは、明かせませんが、わかる人はわかる、わからない人はわからない、ように、適度にヒントをちりばめて行きたいと思います。

○○○○ー空港でのお出迎え

1281

そのまま、空港前のホテルでシャワーを浴び、髭を剃り、着替えて、早速撮影に出かけました。

1287

撮影現場から見えた競技場、ここは、○○年前の○○○○○○で○○○○○選手が・・・・・・・・・・・・・・・したところ。○だらけになっちまうので、・・・・・・・でごまかしました。すんません、結局こんな感じになってしまいました

最後に、ロケ初日終わりの写真を

1291

カナダはでかいのに、写真が小さくてごめんなさい

やっぱ、何も云えね~エヘヘヘヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

愛しのカルロスくん!

ま、国名も明かしちゃったけど、いまだ放送日も決まらない

「世界で一番○○な○○ー○」

あれから、もう半年経っちゃいました

長渕 剛さんの歌「いつものより道もどり道」の歌詞に

♪ もう待ちました~待ち疲れました、待ちくたびれま~した~ 

と。

まさに、この心境ですよね~

と、このブログを見てるはずの、NHK村田Pにプレッシャー!エヘヘヘヘヘ

さて、さて、今日はSP カルロスのハナシ。

421

典型的南米人、陽気度300%

ホテルを出発していつも撮影先に行く時、海岸沿いを走るのですが、ちょいちょいビキニ姿の豊満な女性がフツ~に道路を渡り歩いていて、それを見つけるやいなやカルロス、

「お~、なんて美しいんだ!ベイベー!その胸と尻にプルプルしたいぜ!お前を独り占めしたいのに、あ~なんて残酷なんだ、おいらは今から仕事さ!」

と たぶん云ってるっぽく・・・・そしてカルロスは、ビキニの女性をガン見しながら、頭をかきむしり、自分の不幸を嘆き、十字を切るのでした。

そんな、カルロスが、撮影中、写真を撮ってくれました。

どうして、背景をここにしたのか、わかりませんが・・・・・

341

「カルロス~、ゆ、指が~~~・・・・・・・」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

すわ!遭難!?

2009年8月22日

昨日(註1)で燃え尽きたのか体調悪し。眠れなかった。

朝からアスピリン。8時出発、今日はビルマさんの故郷に行く。

エルアルトを出てすぐにアルティプラノ(註2)が広がる。

2009_147

車中、ビルマさんにインタビュー。

山越え、標高4300m超え!アスピリンのおかげかあまり変わらなかったが、(ディレクターの)安原さんは後頭部が痛い、と。

1時間強で、コンコミリオネ村到着。アドベで作った家。アルティプラノの台地にポツンとある。電気はきてない。地下水はある。火力は牛糞を乾かしたものを燃やして・・・・

2009_148

ビルマさんの両親、お姉さんと会う。

飼っているリャマ、つばをはくと聞かされたのでおっかなびっくり近づく。

2009_157

アンデスは元々海底にあった、そうな。なので川の水には塩分が!川っぺりには、真っ白く塩がふいてる。舐めた。

ジャガイモ畑でイモ掘り(註3)。また頭痛。ともこさんからアスピリンもらう。

帰り、ロケ車のクラッチがすべり、アルティプラノのど真ん中で立ち往生。

そ、そ、遭難!?

ビルマさんのご主人の車に、乗れる人は乗り、ロケ車を軽しくして、なんとか乗り切った。

けど、気が気じゃなかった。

ホテルにもどった。ヘトヘトだった。

註1 7月26日の記事を見てくらさい!

註2 アンデスに広がる、本州ぐらいの面積がある平らな台地っす

註3 放送ではカットになりました~。ま、慣れっこ!?エヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

イスラム暦は一年354日であります

僕が昨年、世界で一番暑い土地・アファール三角地帯~ジブチ~を訪れたのは9月初旬。ちょうど断食月である ラマダンがもうすぐ明ける頃でした

359_3

今年のラマダンは、8月1日に始まったそうです。ですから、つい先日、ラマダンが明けたばかりで、ジブチは、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていることでしょう。

毎年、10日あまり、ずれ込んで早まっていくラマダン。

夜が明ける直前に簡単な食事をして日が落ちるまで、一切の食べ物はおろか、水分も摂らない断食を1ケ月続けるわけです。

601_2

並大抵のことではないです

そして、去年もそうですが、今年も、酷暑激暑の真夏ド真ん中にラマダンがぶつかると、しびれることこの上ないわけです・・・・・とは、傍から見てる、僕らの個人的な考えで、断食をしている人たちに聞くと、つらい、やめたい、なんて云う人はひとりもいません。

日が落ち、その日の断食が終わると、貪るように水分を摂ってました。そりゃそうですよね~

僕も一日だけでしたが、取材させていただいたアリさんのお宅で断食をしました。

が、食べることを断つことはできても、水を断つことは容易ではなく、とうとう挫折して、飲んでしまいました。

514_2

その時の「水」は乾ききったカラダに浸みわたりました。

ひび割れた大地のすきまを埋めるように、喉を通った水は指先、足先まで届き渡る感触がわかるぐらい・・・・

こんなにおいしい水を飲んだのはたぶん、生まれて初めてだ、と断言!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

時差ぼけには・・・・・

ようやく、時差ぼけが治りつつあります。

カナダから帰国して苦しめられた一週間。

1429

その間、オフならまだしも、ドラマの撮影等あって、時差ぼけと闘うべく、「眠眠打破」とか がぶ飲みしたのですが、なんも効かず。

撮影中、訪れる睡魔と闘いながら頑張りました。

一番苦しかったのは、きまって目が覚める午前二時。どうなん?そのまま起きてる日もありました。二度寝 三度寝するも熟睡できず欠伸百連発の日もありました。

Wikiってみると

西より東へ移動の方が時差ぼけは重い、と。確かに、以前ボリビアから帰国した時は廃人のようでした。ま、あん時は高山病もプラスでしたけど・・・・

で、年とともに治りも遅い、と。あ~そうですか!

んなこと云っても、はやく治ってほしいから、いろいろ見ていたら「予防・治療」の欄!

な、な、なんと 時差ぼけに

1330

バイアグラ が効くそうです

エヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ

ま、持ってないけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

オイミャコン日記・最終日

2009年2月19日(水)

モスクワ時間か、仁川時間(註・1)か、日本時間か、どれが基準で19日なのかわからないけど、飛行機に乗ってから、ということで・・・・・

座ってすぐ、飲み物。それから、ビデオやらゲームやらいじくりまわしてたら、早速、夕食と朝食のオーダー聞かれる。ビーフステーキとオムレツを。

機内で映画観たり、寝たり、ゲームしたり。そして、出されたご飯を食べ、トイレに行く、という。

そうこうしてるうちに、仁川国際空港に到着。

成田行きの便まで、随分あるので、ひとまずラウンジで休憩。ドリンク飲んで、米谷さんと一緒にシャワールームへ(註・2)。搭乗券と引き換えに、バスタオルと鍵をもらう。ひげもそってさっぱりした。

みんなで焼き肉でもと思いきや、それ風なお店が見つからず、いわゆるコリアン料理の店に入る。サムゲタンを食べた。美味。

食後、自由行動、ということになったが、結局みんなラウンジに戻ってきた。

新潟日報の原稿(註・3)書いたり、寝たり。

044

事務所のデスクのK女史から電話「元気な声が聞けて安心した」と。社長からもメール。有難い。

039

貴重な経験だった。

022

もうすぐ搭乗!帰るぜ!

註1)モスクワ~成田は、仁川経由の大韓航空でした。仁川空港は、成田よりはるかにでかいハブ空港。すさまじ~パワーを感じました

註2)一緒に入ったわけではありません

註3)この頃、地元の新潟日報に、月イチで「ナジラネ」というエッセイを連載していました。機会あらば、それもいつかご紹介を!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

ざわわ~ざわわ~ざわわ~

あ~そうさ、そうなのさ!

とうとう、云っちまったさ!

これ以上、隠し通せないさ!無理さ!

471

でも、もうしゃべれね~、何も云えねぇ~、北島か!?

ま、黙ったままなら猿でもできる、男一匹ブログを始めたからにゃ、皆様方に少しでも、あぁ少しでも喜んでもらえればと、今日も今日とて立ち上がるのさ!

「オータカさんは、さとうきび食べたことは?いや、食べるって云わないか・・・・・」とコーディネーターのダニエルさん

Rimg0029

ロケバスが延々走る、窓外に広がる、さとうきびばたけ。

車を停め、SPのカルロスとアドリアーノがさとうきびばたけの中にぐんぐん入って行き、すこし色が茶褐色に焼けたのをみつくろって折って持って来てくれました

Rimg0033

「ちょっと色が付いてきてるのが甘いんですよ」とダニエルさん

「あ、食べるんじゃなくて、噛んで樹液を吸ってくださいね」と、も。

SPの二人がナイフで手早く、手ごろの大きさに切ってくれて、それを口に入れ噛むと・・・・・それはそれは、甘い汁が口の中にひろがり、なんだろう、この幸せな気分。

Rimg0041

ちゅ~ちゅ~・・・・・・ゴザ~ド!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

ロングイヤービエン日記の始まり~

2010年3月2日

 3度目の世界一番紀行。今回は世界で一番北の町

ノルウェー領、スバールヴァル諸島のロングイヤービエン。

朝、7時20分 これまた三度目のアサヒ交通 神田さんがワゴンタクシーで!車中、いつものようにおしゃべりペチャクチャ、順調に成田着。

第一ターミナル、北ウイング Fカウンター(BA)に向かうと、前方に安原さんたちを見つける。カメラの米谷さん、音声のウッチーと一年ぶりに再会(註・1)今回は川畑さんに代わり斎藤さん。チェックインを済ませ、皆で朝食。後、両替。ノルウェーの通貨単位、クローネに替える。33円が1700クローネ・・・・計算しづらい。

015

搭乗。機内サービスで、「Coffee. Hot ! 」とまで云ったのに、コーラが出た。食事も「Chicken!」と云ったのに、ミートボールが出た。俺の英語力は??????

「This is it !」を観る。マイケル、最高!あとブルース・ウィルス主演の「サロゲート」も。

ロンドン・ヒースロー着。19年ぶり。トランジットなので軽くスルー。

なんと横山めぐみちゃんに遭遇(註・2)。スペインに行く、とな。

Barで一休み。18時55分 オスロ行き。ちょいと小さめの飛行機。あっという間の二時間。オスロ着。

016

イミグレに通じるガラス張りの通路、ひんやり。雪も積もってる。

コーディネーターの村上さんと対面。ノルウェー在住30年、とな。

タクシーの運転手に食べ物調達のため、GSに寄ってもらう。高い!25%の消費税!

019

ホテル着、ベッド狭っ!シャワーを浴びて明日にそなえる。午前一時過ぎ。

註1)ロシア・オイミャコン -53度を共にした同志であります

註2)めぐみちゃんとは、20年ほど前に、SONY の CM で初共演しました。可愛かったな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

作ったど~~~~~!

「マイレージ・カードはお持ちですか?」とチェックインカウンターのおね~さん。

来た~、よっしゃ~云うぞ~!

「いや、あの、今から作りたいんですけど・・・・・」

そう云うと、ま、事務的だったけど、あっちゅう間に 仮カードを作っていただきました。

1272 1273

さ、ためるぞ~・・・・・と思ってはいるのですが

よくよく調べると、マイレージ・カードは、ANA系 JAL系 そしてどちらでもない系等々、いろいろあるようで、まとめて使えないこの現状、どうなん!?

ま、でも確かな一歩を踏み出しました。

さて、僕は今回、世界一番紀行ではなく、まったく違う局のまったく違う番組で某国某所に行ってきたのですが、ふと考えました。

いつも、皆さまに「ここではないどこか」とかでお茶を濁して参りましたが、今回に限っては、番組名も局も内容もわからない、いや、今は云えないのないないづくしなのだから、↓こんなことしても内容云々はなんのこっちゃさっぱりわからない、と思うので、ネタばれではございませんが・・・・・ま、ほんのケアレスミス程度に考えていただければな、と。

1271

核心には絶対近付かないよう、今後、カテゴリーを「番外」として皆様にご披露して行こうと思います。

1275

だって、「過酷地」じゃなかったんだもん!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »