« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

大晦日に・・・・

中国は北京オリンンピック以降

徹底してホテルには

048

これ↑を置くことが義務付けられた、とコーディネーターの李さんに教えられました

日本を発ってまず着いた昆明のホテルにあったのが上の写真

そして、世界一大きな棚田のある雲南省元陽のホテルにも

186

でもさ、これが置いてあってもさ、どうせ~っちゅうのさ?

しかもさ、これのそばにはさ

074

こんなのとか

187

こんなのが置いてあってさ

要するに、ま、そういうことをいたすんだろうけどさ

電話番号書いてあってもさ、こっちは中国語しゃべれね~しさ

どうにもならないわけで

ただの目の毒だっちゅうの

いやいや、ぼやいてる場合じゃないですね、僕は仕事に行ったのですから!

てなわけで、大晦日の本日も

第三舞台 封印解除&解散公演

「深呼吸する惑星」

神奈川芸術劇場で上演です

大晦日、芝居するのは何年振りだろう

ではでは皆さまよいお年を!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

世界で一番大きな棚田

本日、午後7時から NHK BSプレミアム

世界一番紀行「世界で一番大きな棚田 中国・雲南」

是非是非ご覧ください

僕は、神奈川芸術劇場で第三舞台解散公演「深呼吸する惑星」のマチネを終えて帰宅し、見ようと思っております。

いろんなことがあった中国の旅。

食べ物にやられ、天気にやられながらも、いつものように楽しい旅でした

113

実は今、かなりな満身創痍で・・・・マッサージを受けながら、なんとか舞台に立っております。ま、その引き金となったことが、今日の放送で見え隠れします

「あ、オータカはこれで、ヒザ痛めたのかな~.!?」なんて感じながら見ていただけると、ま、それはそれで面白いかな、と。

とにもかくにも、大スケール、大パノラマでお送りする

256

世界一大きな棚田、じっくりご覧になってください!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

孝行娘!?

世界一番紀行

世界で一番大きなパレード ブラジル・レシフェ

鬼も笑う来年、1月4日 午後9時から NHK BSプレミアムで!

さてさて、放送後には、こぼれ話、あんなことこんなこと、云えないハナシまでありとあらゆることをお話したいと思いますが・・・・

今はネタバレにならぬよう、ま、適度に

380

この美女4人衆、血縁関係等深いことは放送後にお話しいたしますが、この日は、取材の合間に、ぽっと時間が空いたのでショッピングモールでアイスクリーム・ブレイク

ふと見ると、この4人の美女の中のひとりの延髄、いや、綺麗な うなじの下に TATOO が!

379

おじさんは考えました。たぶん、彼氏とラブラブで、ついノリで入れちゃった~なんて答えが返ってくると思いきや・・・・・

あ、それよか、この4人の誰が、TATOO を入れてたのでしょうか?

ていうか、着てる格好で答えはバレバレだ、と今気づいた。まいっか

で、彼女、僕の問いに

「彼氏はいるけど、このTATOOは、両親の名前よ!」と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

52回目のクリスマス

Merry Christmas !

1336

大阪です

何年振りだろう、東京以外でクリスマスを迎えるのは・・・・

で、ま~クリスマスなんで・・・・

僕が8月に行った、世界一番紀行ではない番組のこと。

もう、国・地域は、わかった方もいらっしゃるみたいですが、アメリカじゃないけど英語圏です、フランス語も!

局はBS日テレです。放送は3月予定と太田ディレクターは云ってました。

第二弾の放送らしいです。第一弾は昨年、福留朗さんのレポートで放送されました。

それにしても、世界一番紀行とは真逆のお仕事でした。

過酷感はゼロです。ナッシングです。

1345

フツ~に楽しくお仕事させていただきました・・・・・と

云いたいとこですが、ひとつだけ驚愕の事件が起きました。

ま、それは、放送後に!

1425

ではでは、皆さま

よいクリスマスを!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

ひかげ

世界で一番暑い土地 アファール三角地帯~ジブチ~

なんといっても一番の好物は

日陰

Img_0181_0

ど炎天下、猛暑酷暑激暑の中、わずかでも、まさに突き刺すような太陽光から逃れる場所なわけで・・・・・

砂漠の中でお昼ご飯、なんて云ったらもう、まず数少ない日陰探しから始まるわけで

ま、この日陰でも軽く40度を超えてはいるのですが、日向にくらべたら全然、あ~全然 ましなのです

Img_0183_0

これほど日陰が恋しいと思ったことはなかったですよ

で、このささやかなパラダイスを作ってくれてる日陰の樹木は

アカシアです

ラクダの好物なのです

547

僕らが日陰で食事をしているとラクダが群がってアカシアの葉を食べ始め日陰がなくなり、また別の日陰を求めて移動する

・・・・・・・なんてことは

なかったですけどね・・・・エヘヘヘッヘエヘヘヘ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

コマ劇場前

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト

もう2年前になりますが、僕は出発前に、太田善也 主宰の散歩道楽「すこし離れて、そこに居て」という芝居に出ておりました。

劇場は新宿シアターサンモール。

その公演さなか、歌舞伎町の今は亡きコマ劇場前で、8月6日のボリビア建国記念日に、詳しい内容は忘れてしまいましたが、なにやら、それを祝うイベントが行われたのでした。

僕としては、数日後にボリビアに行くので、是非ともそのイベントに参加したかったのですが、いかんせん、シアターサンモールの舞台上でしたので、代わりに家族に行って写真だけでも、と。

005

ま、でも、これは、祭事やらイベント用の装いでして・・・・・

実際は、みなさん こんな感じで

020

こんな人は

001

一人もいませんでした

そりゃそうだ!エヘヘヘヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

第三舞台のこと

1981年5月、鴻上尚史と第三舞台を旗揚げして、3年目の秋公演を当時、紀伊國屋ホール支配人の金子さんが観に来てくださいました。

終演後、金子さんは、「再来年のアタマ、劇場開けとくからお願いね!」と。

紀伊國屋ホールは、つかこうへいさん、夢の遊眠社・・・といわば、若手劇団の登竜門・・・・いやさ、聖地みたいなところなのです

いままでずっと客席側からしか見たことなかった、紀伊國屋の舞台に初めて立ったあの感動、あの感触はいまだに忘れられません

あれから30年近く経ち、最後の第三舞台も紀伊國屋ホールで昨日千秋楽を迎えました

非常に古く、決して劇場機構としてはよくもないし、客席も見やすいわけではありませんが、僕は、紀伊國屋ホールが大好きです

__

誰よりも早く劇場入りしてしまいます エヘヘヘヘヘヘ

解散公演「深呼吸する惑星」は、これから大阪、神奈川、池袋、福岡とまだ続きますが

「第三舞台 紀伊國屋ホール公演」 は もうないのだな~と思うとちと淋しい

・・・・・ブログタイトルと関係ないけど、つぶやいてみました。ツイッターか!?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

すべてはこの写真から始まった

なんだかんだで6回を数えた世界一番紀行

12月29日と1月4日に放送を控えておりますが、第一弾の「世界で一番寒い村」ロシア・オイミャコンに行く時、まずもってモスクワ入りをしました

空港のイミグレでさんざっぱら待たされ、ホテルまでのこれでもか渋滞に巻き込まれ、ようやく部屋にたどりつき、かんたんに荷ほどきして、撮った一枚

001

前回、中国・雲南 まで、全6ケ国分の膨大な画像がある中、一等最初のショットです

ブルーのスーツケースとデイパックと時計は、ず~~と、レギュラー陣だったのですが、3月のブラジルでとうとう壊れてしまい、放送は前後しますが、12月29日の「世界で一番大きな棚田」でしている時計は新しいやつで、1月4日の「世界で一番大きなパレード」でしているやつは、壊れる直前、過酷な五ヶ国を耐え抜いたやつです

この部屋に着いた時、20年ぶりのモスクワの豹変ぶりもさることながら、世界で一番寒いところに連れていかれたら、いったいどうなるのだろう・・・・・・とにかく、生きて還らなきゃ!・・・と思ってました。

ま、そんな心配は着いてすぐ、吹っ飛んだんですけどね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

Red Attack 

世界一番紀行 BSプレミアム

12月29日(木) 午後9時から

世界で一番大きな棚田 中国・雲南

是非見てください

オータカはその日、第三舞台解散公演「深呼吸する惑星」神奈川芸術劇場で、午後2時開演ですので、終演後、自宅に戻り見たいと思います

さてさて、雲南の中華料理はズパリ四川料理です

辛いです。からいです。カライデス。

半端ないです。いわゆる・・・・パネ~です!

出される料理、すべてに唐辛子が使われています。それも尋常じゃない量です。

022

聞いてはいたので、一様、胃薬、下痢止め、整腸剤、等々いろんなん持って行きました。いままで、いつも、そのテのクスリは持ってっているのですがお世話になったことは皆無でした。が、さすがに今回は、連日連夜の「赤い攻撃」にやられ、僕のお腹は「撃沈」しました。

098

ピ~ヒャラピ~ヒャラってほどひどい症状ではありませんでしたが、明らかに腹の調子が悪いぜ、悪すぎるぜ!ってな感じ。

それでも、気を利かして、辛さを抑えて作ってた、と聞かされた時は、もう口あんぐりです。なんだ、この国は、この人たちは!

ま、番組は決して「激辛ツアー」ではないので、最後に

棚田の画像をば!

079

ちっちゃ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

司会者!?

世界一番紀行

世界で一番大きなパレード ブラジル・レシフェ

BSプレミアム 新春1月4日 午後9時から放送です

で、突然ですが、以前PCの調子がおかしくなり、いよいよぶっ壊れたか!?っちゅう時に、何気につぶやいたら、ありがたいことにフォロワーの方々から、それはこう、あれはこう、そうしちゃだめ、こうした方がいい、といろんな情報をいただき、時にリアルタイムでアドバイスをいただき、な、な、なんと壊れかけのPCが復活したのです

ツイッター 万歳 ツイッター さまさま!

話は戻ってレシフェ

367

今回はパレードということで、いろんな楽団を取材したりしました。最初に云っときますが、彼女は放送に出てきません。残念ながら、安原さんが、ものの見事にばっさりカットしたそうです。ま、しかたないんですけど・・・

彼女がヴォーカルを努める楽団と楽しく僕もちらと参加して、なんやかんやの後。

「あなたは、ブラジルの○○○(ポルトガル語でサッパリプ~でした)っていう司会者に顔が似てるわ」と

「ちょっと写真を一枚撮って」

「これ、ツイートしてもいい?」

事務所通してもらわないと、と云いたかったですが、エヘヘヘヘヘヘ、なんせブラジル、国際電話のことを考えれば、「全然オッケーですよ」と即答、なんじゃそりゃそりゃ!

でも、結局、サッパリプ~のポルトガル語。彼女のツイートは見つけることはできませんでした。

ていうか、カットしてごめんなさい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

難解言語?

2010年3月6日

 7時朝食、ライ麦ビスケットにカビア(魚卵のペースト)を付けて食べるのがオッキニー。朝食後、安原さんたちは実景撮影に。おらの撮り分は午後からなので、しばしの休み。

外は吹雪、寒そう。ベッドで休んでいたが、吹雪の音がものすごくて、これで出たらどんなだろうと・・・・・・着替えて外に行く。ゲストハウスの前の道路を超えて海の方に。顔に当たる風が半端ない。写真一枚撮って早々に帰ってきた。

164

程なくして、安原さんたちも帰宿。で、この吹雪の中、到着シーンを再撮、とな。過酷感満載!

車で高台の教会まで行き街の全景が見えるところへ。すんげぇ吹雪。それから歩き撮影。顔もげそう~(註・1)目が開けられない。

ロングイヤービエンのメインストリートへ。インタビュー。後、昼食。チキンカレーサンド、美味。

Rimg0142

COOPへ。店長のカーリーンさんインタビュー。ミランの奥さんミカさんにも。店員の人たちはセルビア、ウルグアイ、フィリピン、ロシア・・・と国際色豊か。

Rimg0143

夜は、カーリーンさん宅でホームパーティー。楽しかった。

が、帰宿して、安原さんが部屋をノック。カメラマンの米谷さんの部屋で三人。

コーディネーターの村上さんの訳し方の問題なのかよくわからないが、インタビューが思ったことが聞き出せてない、と。(註・2)

オラのアプローチの問題なのか、質問のニュアンスの伝え方をどう訳しているかノルウェー語を全くわからないのでどうしていいいか・・・・

安原さんも悩んでいる。なんとかしなけりゃ!

註・1)放送は take2 です。take1 は僕があまりにもつらそうだったのか、後ろから来た車が止まってくれて「乗りなさい!」と親切な女性ドライバー。あえなくNGになり、もう一回!(笑)

註・2)なんたって、ノルウェー在住30年の村上さんでさえ、ノルウェー語しゃべっても、ネイティブの方に発音直されてましたから~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

眠れる獅子!?

世界一番紀行

BSプレミアム 12月29日(木)午後7時から

世界で一番大きな棚田 中国・雲南省

是非見てください!

さてさて、

055

70億を超えた世界の人口ですが、中国の人口はもちろん世界一でその数は13億とも15億ともはたまた17億とも云われています

ようするに、4~5人に ひとりは中国人!ってなわけですが、いろんな人がいます

僕も、いろんな国に行って、中国人と間違われ、石やじゃがいもを投げつけられたこともあるほど、中国の方は、世界的に好かれてない傾向にあるのは、皆さまもご存じの、いろいろなことが起因していると思われます。

058

でも、僕が取材させていただいたご家族には、ほんとによくしてもらいました。

だから、インチキ臭~いとこも見てきたし、手厚い歓待を受け心から感謝してる部分もあるし、なんか複雑な気分で帰国したことは事実

057

あまりにもでかすぎて不思議すぎる国・中国

とにもかくにも、もうすぐ放送があるので・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

愛しのマリリン

8月、世界一番紀行とは別件で行った BS日テレの番組、「ほにゃれれほにゃれれ」すんません、まだ云えません

某国某所ですが、日本から見て東の方です

その番組の取材中に、古城とも思えるような古~~いホテルが

1324

名前を云っちゃうと、お足がついちゃいますので控えますが

このホテルのそばに大きな河が流れております

その河は、マリリン・モンローが出演した「帰らざる河」のロケ地になったところだそうです

もちろん、マリリンは、このホテルに宿泊しながら撮影に参加していたそうです

Images

僕が3歳のときに不慮の死を遂げた絶世の美女

リアルタイムでは彼女の魅力を満喫した人間ではありませんが、伝説の人。

少し共有したくて記念写真をば!

1330

でも、マリリン・モンローの映画、やっぱジャック・レモンと共演した「お熱いのがお好き」が一番綺麗だと、オラは思う!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

ボリビアからの帰還

2009年8月25日

最終日、痛風の足はなんとかもちそうだ。(註・1)ボリビア最後の朝食。8時出発。いつものようにドライバーのドンファンさんが笑顔で迎えてくれる。

まず、楽器屋さんに。チャランゴがいい音。ギターも弾いた。(註・2)

マカのジュースを売っているおばさん、不動産屋のお姉さんとお客さん、豚肉を売っているおばさん、そして八百屋のおかあさんにインタビュー。

チェ・ゲバラ像付近で気温確認の撮影。

049

そして最後に展望台で予告編の撮影をしてオールアップ。

楽しかった。ビルマさん、とってもいい人だった。

2009_160

ホテルに帰って昼食、後 買い物。

空港でも買い物。午後6時、出発。機内で即寝。

長~い滑走路を見届けられず。(註・3)

2009_092

二時間後、ペルー リマ。ともこさんとはここでお別れ。お世話になりっぱなし。多謝。

それからアトランタへ。6時間待ち。

皆で SUSHI BAR に。まぐろ、スズキ 美味。

日本まで13時間。

註・1)こないだ出た痛風も癒えて、第三舞台の公演、乗り切っております

註・2)ギターのくだりは全くカットになりました。エヘヘヘヘヘ

註・3)標高4000mの空港は気圧の関係で滑走路が長くないと離陸も着陸もできないんだそうです。知らなかった~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

まつりのあと

放送日もようやく決まりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/29(木)午後7時~午後8時半

世界で一番大きな棚田 中国・雲南省

1/4(水)午後9時~午後10時半

世界で一番大きなパレード ブラジル・レシフェ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、今度はネタバレになるので迂闊なことも云えないという状況でして・・・・・・

特に、ブラジルは訪れたのが、今年の3月、もう9ケ月が経とうとしているのですが、今までいろんなことをしゃべくりましたが、とにかく、一番大きなパレード、ようするに、世界で一番たくさんの人が集まってパレードするのです

398

でもね、放送を見ていただいたあとで、話したいことばかりなのです。

まぁね、こんなにたくさんの人と肌触れ合ったことがない(いやらしい意味じゃなくて、エヘヘヘヘ)っつうぐらい、たくさんの人と・・・・・・

ま、治安も決していいところではないと聞いてはいましたが、SPさんもいて、コーディネーターさんにも、これでもかっつうぐらいによくしていただいて、ホントに楽しい撮影でした

パレードの翌日、あれだけの人が集まって、どこに消えたのか、閑散としているメインストリート

Img_0149

まさに、「祭りのあと」です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

Respect

世界一番紀行

ありがたいことに今回で6回めの旅でした。正直、ここまで続くとは思わなかったのですが・・・

これもひとえに、プロデューサー、撮影スタッフ、現地コーディネーター、ドライバーさん、たくさんの方々に支えられてのことです

そして何より、ディレクターの安原さんには感謝感謝です

139

撮影スタッフは、米谷さんを中心とするイメージランド・チーム、小野塚さんを中心とするスパイラル・チームと二班に分かれておりますが、ディレクターは、最初のオイミャコンから今回の中国までず~~~~~っと変わらず安原さんです

僕より一個上ですが、見た目も頭脳もはるか上です。エヘヘヘヘヘ

もう完全に身をゆだねております。

これからも、安原さんと、いろんな世界一を訪ねたいと思ってはいるのですが・・・・・

ですから、皆さまの、折につけ、こんな世界一があるんじゃない?的な発言、心よりお待ちしております

あ、ちなみに、今回の旅で、この犬

334

安原さんを咬みました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »