« とにかく、すげ~ | トップページ | 第三舞台のこと again »

2012年1月14日 (土)

少なっ!

世界一番紀行の第一弾

世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコン から早3年。

なんだかんだで、こぼれ話、日記とほぼ喋りつくした感がありますが、ちょいちょい思い出しながら披露していこうとは思っておりますが・・・・

「一枚の写真から」じゃないですが、それを見ると思いだす話、とかありますよね~

ところが、オイミャコンは極めて画像が少ないのですよ。

それは、-50度だからです。

一枚も撮らずに、バッテリー切れの表示が出たこともしばしば。恐るべし-50度。

それに、手袋も三重でしてますから、そのままではまずシャッターが切れない。

033

でも寒いから、手袋外すのが「いやだな~」と

で、カメラはポケットに入ったまんま

結果、画像が少ない!・・・・ということです

030

ま、これは、お世話になった、ゲストハウスにあった切り絵ですけど

中の写真はそこそこあります。エヘヘヘヘヘ

|

« とにかく、すげ~ | トップページ | 第三舞台のこと again »

オイミャコン」カテゴリの記事

コメント

手袋三重。...それは、シャッター切れませんね。そういう時は、心のカメラで撮ってきてください。そして、大高さんの文章能力をフル回転させて、私達に伝えてください。私達も、心で見ます。
それにしても、雪国育ちの大高さんが寒がるのですから、本当に寒かったのでしょうね。

投稿: あの時は高校生。 | 2012年1月14日 (土) 11時31分

オイミャコンの記念碑前で、手袋2枚でぎゃおーーーん!ってなってる大高さんは、ホントにツラそうでしたもんね。
でも、おうちの中にはPCもあるし、ギターも飾ってるし、冷蔵庫もあるし、わたしが想像していた世界とはまるで違って驚いたのを覚えています。
もう3年も経つんですね〜!
早い!

投稿: まる | 2012年1月14日 (土) 13時18分

-50度の世界、想像以上に常識が通用しない世界だったんですね。
冷えるとバッテリーが誤作動するなんて、初めてそんな寒い世界に行く人にとっては想定外ですもんね。

逆の話ですが、一昨年、坂本龍一さんがご自身のスマホで携帯の回線を使って、自分のライブをUstream配信したとき、過酷な作業を強いているせいもあって、すぐにスマホが熱を持ってしまってシャットダウンしてしまったそうです。
次のライブからはヒエピタを貼ったり、ミニ扇風機をあてたり・・
大高さんもカメラをカイロで温める必要があったのかもsign02

投稿: 鈴江 | 2012年1月14日 (土) 14時58分

極寒の地は北国に住む私には共感さえ覚えます。
寒くても知恵を出して快適に生活しているように思えます。

ところで額装された切り絵、素敵ですね。。
北欧は土地柄、屋内にいる時間が長いせいで手作業が自然と多くなり素朴な作品が出来るのではと勝手に思っています。
切り絵はカッター派とハサミ派があって(因みに私はハサミ)、暮れにスウェーデン大使館で観た切り絵は(多分)
カッターでした。今回のも見た感じはカッターでは?
かのアンデルセンは童話を聞かせながら、裁ちばさみのような大きなハサミで切り絵(とても繊細)を作っていたそうです。好きな切り絵を見てつい長居してしまいました。。
いつか北欧訪ねてみたいです。

投稿: tosi | 2012年1月14日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/43640649

この記事へのトラックバック一覧です: 少なっ!:

« とにかく、すげ~ | トップページ | 第三舞台のこと again »