« そうだ レシフェ 行こう! | トップページ | こら~っ! »

2012年2月19日 (日)

ありがたみ

2010年3月8日

今日は太陽祭。

168

午前中はインタビューやら実景を撮影して、11時過ぎくらいから会場の教会周辺があわただしくなる。子供から大人までたくさんの人が集まりだしてくる。

長かった極夜が完全に終わり太陽が出てくれることに感謝するお祭り、太陽祭。

件の太陽は見えそうで見えない。もうちょい晴れ間があれば。風、強っ!めちゃめちゃ強い!(註・1)

セレモニーで牧師さんが「太陽が恥ずかしがっている」と。

Rimg0197_2

女の子が、キーボードで弾き語り、Here comes the Sun.

感動した

太陽祭が終わり、ミランさん宅へ行き撮影。

(中略) (註・2)

みんなで今日の寒さについてひとしきり

明日は早めの出発。がんばろう~

オ~ケ~ マイフレンド!(註・3)

註・1)びっくらこきました。あんまり寒くて、体感温度はオイミャコン超えたな、とカメラの米谷さんらとみんなで話してました。鼻がもげるぐらいです。

註・2)カットなしで書くには、とてもじゃないことを書いていたので・・・・すんません、ただの愚痴なんですけどね

註・3)ミランさんの口癖。みんなで使ってました。いい言葉だな~

|

« そうだ レシフェ 行こう! | トップページ | こら~っ! »

ロングイヤービエン」カテゴリの記事

コメント

「極夜」って言葉は、このブログで初めて知りました!
そんな真っ暗な一日が続く場所に、工夫しながら人間が暮らしてるなんて。
ホントに太陽の光に感謝ですね。

ミランさんの言葉も、海外で言われたら泣いちゃうくらい嬉しい響きですね♪

薄暗い街に優しさがあふれてて、極地だけど行ってみたくなりました。
防寒はしっかりしないとイケナイんですねsweat01

投稿: 鈴江 | 2012年2月19日 (日) 09時24分

昔の人は自然のありがたみを肌で感じていたけど
今の日本はそれが少なくなってきてますね
海外の方が昔ながら、その土地ならではの
感じ方で自然の偉大さが密接な感じが続いているんですね。

投稿: こわみばち | 2012年2月19日 (日) 10時35分

最近京都はホントに寒くて、いつも職場の子に、大高さんがオイミャコンに行った話を、まるで自分が言ったかの洋に自慢してます(笑)
オイミャコンより寒く感じたって、もっそ――――寒かったんですね。ひゃー。
『地球イチバン』もう一度そのつもりで見てみますね(笑)

投稿: まる | 2012年2月19日 (日) 11時35分

「太陽が恥ずかしがっている。」牧師さん、そのお言葉、使わさせて頂きます。
「オ~ケ~!マイフレンド!!」ミランさん、そのお言葉使わせてください。
太陽といえば、ちょっと横道にそれますが、私の住んでいるところは、車で少し行くと、富士山が見えます。昨日、ヨーカドーに行き、車を屋上の駐車場に停めました。帰りは夕方で、夕焼けと富士山が影?の様になって、とても綺麗でした。
太陽さん、これからもずっと頑張ってください。(もちろん、大洋さんもっ♪♪♪っ)

投稿: あの時は高校生。 | 2012年2月20日 (月) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/43842845

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたみ:

« そうだ レシフェ 行こう! | トップページ | こら~っ! »