« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

低い街

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト

標高4150mに90万人を超える人々が暮らしています

2009_123

ただただ、口あんぐりでした。ま、高山病にもなりましたしね

で、です。

寒いとこも、暑いとこも行ったオータカが、なぜ

世界で一番標高の低い街に、行かないのか!?

答えはカンタンです。

画的においしくないからです!

いや、単刀直入すぎました、もちっと補足すると、寒い、暑いはわかりやすいですよね。エルアルトも、見渡す限りの山々の中、山からの雪解け水、標高の高さゆえ、一日の寒暖差が30度以上もある厳しさ、自然と共生しながらたくましく生きる人々、そして、日本からの、おっさんストレンジャーが案の定 高山病になり、挙句の果ては女子プロレスラーと闘う、という。

では、世界一標高の低い街に行くとどうなの?

もちろん、低山病なんてのはないし、その街、イスラエルはエンゲティという街なのですが、死海のほとりにあります。

死海、ですか、はい、僕は、世界一暑い土地 アファール三角地帯~ジブチ~ に行った時に、死海より塩分濃度の濃い、アッサル湖で浮いて来たので、画的にかぶってしまいます。

Dsc00595_0

海抜-430mと聞きました。

僕のリサーチが悪いのかも知れません。どなたか、

「世界一番紀行 世界で一番標高の低い街 イスラエル・エンゲティ」で企画書、書いてくれませんかね~エヘヘヘヘヘヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

スノモー、って云う!?

2010年3月11日

今日はいよいよスノーモービル。往復6時間の大遠征。(註・1)

Rimg0263

ガイドのヘンドリックから、事前説明、行程、諸注意etc トナカイ、アザラシは見られるそうな。分厚いつなぎとオイミャコンで履いたようなブーツ、フルフェイスのニット&メット、そして手袋。

ヘンドリック号にはライフルと発煙筒が装備。運転は慣れるまで大変だ。体重移動やらなんやら、けっこう揺れる。

それにしても絶景だ!ただただ真っ白、美しい。

Rimg0276

何回か休みながら、ようやくロシア人だけの町、バレンツブルグに到着。

いきなりロシアだ、街並みも古い。昼食後、撮影始まるも残された時間が1時間もない。帰りが暗くなり危険だから3時には出ないと、とヘンドリックに云われていた。

Rimg0305

Rimg0307

なんやかんやと撮影していると、文化センターなるところを発見。中で二人の男が、エレキとアコーディオンで演奏していた。

「炭鉱夫ですか?」に「ああ」と

「ここの暮らしは?」「50%よくて50%悪い。いいのは自然、悪いのは・・・・・云いたくない」

アコギが置いてあったのでセッションしようと、いうことになり、「カリンカ」を歌う二人にアコギで参加、楽しかった~(註・2)

ちょいと時間が過ぎてしまい、ヘンドリックに謝ると、「いい撮影ができたのなら」と。

かっこいい!

夜景を撮って帰る。

Rimg0320

さすがに疲れた。腕がパンパン。睡魔。即落ち。

註・1)本編の「世界一番紀行」ではスノーモービルのくだりは全面カットになりました~エヘヘヘヘ。ガイドのヘンドリックは、「番組のDVDをもらえるのを楽しみにしているよ、遠距離恋愛している彼女がいるから、今度会う時に一緒に見るよ」と云っていました。ヘンドリック、すまない、ほんとにごめん!

註・2)当然ながら、このギター・セッションのくだりも幻となりました。僕的にはかなり楽しかったのですが・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

大したことではないですが

BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」

カナダのカルガリーからバンフ、キャンモアと自然豊かで最高の旅をさせてもらいました。

1281

ま、ここだけのハナシ、誰も気づいちゃいないかもしれませんが、いいんです、僕自身のこだわりなんですから。

「世界一番紀行」は基本、キャップありのレポートをしております。しかも、ファンの方からいただいたキャップをいつもかぶっております。

そして、自己紹介の時は、「たか」と名乗っています。

カナダでは、ノーキャップで通しました。

そして、自己紹介も「ひろ」と。

1395

エヘヘヘヘヘヘヘ

やべ!恥ずかしっ!

何が変わるわけでもないですが、なんか、したかったんだもん!

また、「シニアのための~~~」がある時は、ノーキャップ「ひろ」で行きますから~

「太田さ~ん、次、どこ行く~~?」とピンポイントでディレクターを呼んでみました!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

こればっか!?

去年8月に、カナダに行った時、カヌーで転覆して、iPhone 3GS をダメにして、ま、いわゆる保険で、「4」を手に入れて、初の旅が、この

世界で一番大きな棚田 中国・雲南 だったもんで

あ、

034

いや~ん

038

う、うん

075

え!?

091

お!

229

か~っ

240

きっきっき

286

く~っ!

ってな自撮り写真ばっかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

eternal love

ブラジル・レシフェ 世界で一番大きなパレード 

「ガーロ・ダ・マドゥルガーダ」の名物男、ジョバン

警察官をしておりましたが退職して、パレードの山車を作っております

345

ジョバン、奥さんのクリスティーナさんとは、実は高校時代お付き合いしてたらしいのですが、二年程してジョバン、フられたそうな

その後、二人は、それぞれの道を。

クリスティーナさんは、別の男性と結婚しました。

ジョバンはというと、ずっと一途にクリスティーナさんを想ってたかどうかはわかりませんが、独身を貫きとおしておりました。

そして齢40を過ぎた頃、二人は、この「ガーロ・ダ・マドゥルガーダ」に携わるものとして、劇的に再会したのです。

しかも、クリスティーナさんは、夫と離婚しとりました。

もう行くしかないぜ、ジョバン!

猛烈アタックの末、二人は結婚。

502

ほんとにうらやましいくらい二人はラブラブで、お宅に伺ったくだりはかなりカットしてありますが、もうアツアツ。っていうか、ジョバンがもうクリスティーナさんにメロメロって感じ。でも、とってもいい夫婦だ!

番外

500

日系ブラジル人でコーディネーターのレオさんとの3ショット!

俺ら3人、タメだぜ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

予感

2010年9月7日(火)

ドバイ着。どでかい空港。次の飛行機まで、な、なんと7時間の待ち。安原さんはラウンジの床で仮眠。

しばしの休憩のあと、皆で食事。

第二ターミナルまで行き、コーディネーターのビクターさんと合流しフライドバイの機に乗ってジブチへ

Img_0158_0

空港に着いてタクシーに乗る。エアコンなんてもちろんない車内、窓をあけるも入ってくる風は熱風。だだ暑い。(註・1)

ホテルにチェックイン後、早速メインストリートに行き撮影。

町はラマダーンと呼ばれる断食月。イスラム圏の女性にはカメラを向けても「撮るな」と。

しばらくして、夕方のお祈りが終わり、今日の断食が終わる。

終わると、町の活気が半端ない。ものすごい人だかり。黒人の人たちの圧倒的なパワーに悲しいほどの away 感!(註・2)

Dsc00575

ジブチの町をいろいろと撮影。明日の撮影の打ち合わせのため安原さんがビクターさんとジブチのコーディネーターと。僕らは、ロケ車に戻ることに

もう一人のジブチ・コーディネーターのアテンドでロケ車に戻るために近道をしたのだが、その道がかなりDEEPゾーンでちょいびびった。(註・3)

なんかこれからいろいろありそうな予感。なんたってここはアフリカ。

ま、でも、いい番組にしたいから頑張るべ!

註・1)とにかく、この不快指数400%程の暑さは身をもって経験していただかないと。僕如きの活字表現力では、全く伝わらないのです、トホホホホ

註・2)ぶっちゃけ最初は怖かったっす!

註・3)過激な内容だったので割愛してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

さくら

http://nihongo.wunderground.com/cgi-bin/findweather/hdfForecast?query=%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%82%B3%E3%83%B3

葉桜、好きだな~

ま、何度も云ってますが、歌野正午さんの

「葉桜の季節に君を想うということ」が大好きで、この時期、葉桜を見るたびに、思い出しますね~

41v33jh7dsl__bo2204203200_pisitbsti

さてさて、すっかり春ぽっかぽっかで(今日はあんまりいい天気じゃないですけど)

、この時期の陽気がたまらないのですが、上のURLをちょいとクリックしていただくと、びっくりドッキリ口あんぐり!になると思います

僕が、三年前に訪れた、世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコン

4月も半ばだというのに、いまだ最低気温が氷点下10度台の毎日です

フツーに冬です、真冬です、激寒冬です。

桜の樹 自体が、真冬のオイミャコン、-50度に耐えられそうにないので、今のところ実現不可能なのでしょうか、品種改良やら科学の力やらで、いつか いつの日か

「世界で一番寒い場所で咲く桜」が見たいものですね~

018

是非とも、この最寒の碑の隣に植えてほしいな~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

ウォルター マイ フレンド!

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト

でお世話になったコーディネーター、すずきともこ さん

009

とにかく明るくて元気なともこさん、大好きです

そのともこさんの旦那さん、ウォルターが、ちょいと負傷して日本でリハビリ中なので、一昨日見舞いに行ってきました

病院の前の公園で、安原さんと、4人で久しぶりの再会。

ウォルターも日本語がかなりうまくなってました。

彼にはボリビアで大変お世話になりました。

撮影初日、高山病で全く生気を失った僕にずっと付いててくれて、気晴らしにいろいろエロ話とかしてくれて気を紛らわしてくれたり、と世話になりっぱなしでした。

日本の食事もおいしく、納豆も梅干しもオッケー!だというウォルター。

元気になったら、どこ行きたい?の問いに

「カブキチョウ!」と

おいおい、ウォルター、ぼったくられるぜ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

眠剤のタイミング

2010年3月10日

爆睡経験が今回の旅で一度くらい、かなと。12時過ぎに眠剤を飲む。5時過ぎに目が覚める。

朝食後、安原さんらは情報コーナーの撮影。部屋で待機してると、窓をトントン。安原さんが、歩きを撮りたい、と。

支度して、橋を渡り、凍ってる川を歩き街へ!だが完全にアイスバーンになってて何度もこける(註・1)

空気冷たい、痛い。

大人のためのノルウェー語教室、取材。レルマの妹のアニータも宿で朝食作ってくれるおばさんも生徒。

Rimg0143

(ちとわかりづらいですが、右から二番目の、顔半分の女性がアニータ)

アニータが突然、日本語を!聞けば、岩手にいたと。それから大阪のいわゆる、フィリピン・パブで働いていたそうな。なんでスバルバルに来たの、の問いに「年取ったらもうパブで働けな~い!」と。ひと笑い・・・・・

姉のレルマのインタビューが面白かった。そのまま、レルマ宅へ!三人の子供が可愛い。

Rimg0416

(註・2)

夕食後、睡魔がやってきて、寝ては覚め、覚めては寝ての繰り返し

ちと、生活のリズムが安定していない

註・1)こけっぷり、とかなかなかなもんでしたが、すべてカットされました~

註・2)ここらへん、ちょっとお見せできないことばかり書いてありましたので、割愛しました・・・・いや、エッチなことじゃないぜ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

噂のW.C

このハナシは、すべきかどうか、ちと迷ってはいたのですが・・・ま、ぶっちゃけ、避けては通れぬ と思い、お話ししようかな、と。

いわゆる、中国の公衆トイレ事情です。

僕が行った、世界で一番大きな棚田 のある、雲南も、みなさんご存知のそういうトイレな訳です。ドアの「ド」の字もありゃしない!申し訳け程度の仕切りがあるだけで、全てオープン、おっぴろげ〜

一番シビれるのは、「大」をいたしてる人と普通に目が合うんですよ。ま、後ろ向かれてて ケツ丸出しもいかがなものかと思うけど。

基本、お世話になった、盧さんちのトイレか、レストランのトイレ(個室&水洗)を使ってましたね〜

ま、極めつけは、トイレでいたさなかった、いたせなかった!?、いや、いたすつもりがなかった痕跡が、トイレ周辺及びトイレ内にあちこちあったりするもんだから、トイレ自体が、地獄絵図 なんです!

350

これは↑近くのガソリンスタンドのトイレの壁

「公共衛生のために、おしっこは溝に、うんちは穴にちゃんと入れてね!」と書いてあります!なんじゃそりゃ!

世界で一番大きな棚田 中国・雲南

来年には世界遺産に登録されるそうです。そうすると、世界中から観光客が訪れるんだろうけど、まずもって、トイレ なんとかした方がいいと思うぜ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

自然に帰れ!

BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」でカナダはカルガリー、バンフ、キャンモアを訪れたわけですが、ヘリに乗って、カナディアン・ロッキーを巡るツアーに参加しました。

1385

ただただ、最高でした!

眼前に広がる、これでもか的圧巻大パノラマ超スーパービューウルトラスペクタクル・ロッキー山脈!

1381

地球の広さもさることながら、おのれのなんとちっぽけなこと・・・・・

でも、この手つかずの地球の息吹を是非みなさんにも味わってもらいたいですね~

人生観変わる!とまでは云わないけど

とにかく、来てよかった、見てよかった、行ってよかった、となります

合言葉は

1383

Back to nature!だぜ~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

カイシャって何語?

世界で一番大きなパレードに参加するにあたって

50を超えたおっさんが、煮えたぎる、という意味の踊り「フレヴォ」で参加するのは、自殺行為

ならば、楽器で!ということになり

Img_0254

管楽器は今から間に合うわけもなし、結局、カイシャという小太鼓で参加することになったわけですが、そう簡単にできるもんじゃ~ないんですよ

放送ではいきなりカイシャに挑戦してますが、スルドという大太鼓に挑戦している下りもあったんですが、一切カットされてます。エヘヘヘッヘ

で、僕もやるからにはちゃんとやらにゃ!と思い、ロケ中も事あるごとに練習してはいたのですが、なかなか難攻不落でした

Rimg0227

ぶっちゃけ、叩けてません!

エヘヘヘヘヘヘヘ・・・・・だって、難しいんだぜ、カイシャって!

でもね、でもね、いいんだ!

パレード 楽しかったから!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

撮休はつらいよ

悪天候続きで、世界一番紀行史上、連日の撮休を経験

なすすべもなく、飯食って部屋でボーッとしている、という・・・・・・

そんなに広い街でもないので、散歩がてらブラブラ歩いても、一時間もあれば、街全体を歩けてしまえるほど

178

結局菓子など買って、部屋に戻り、カウチポテトでも・・・なんて考えれども

TVからは、どちんぷんかんぷんの中国語。

ただひたすらに、無駄に時間が・・・・

予想外の撮休で、日本から持ってきた本も読みつくして、さて・・・・・・

ザッピングしていると、画面に、な、な、なんと

185

西田敏行さんが!

「浅草ふくまる旅館」が放送されている

しかも、中国の声優さんによって吹き替えられてる

お、お、オラも、このドラマ、ゲストで出させていただいた!

て、ことは、オラの演技に合わせて、中国の声優さんが声を当てている!?

う、う、うお~~~~~~!

と思いきや、その回はすでに最終回だった~

残念!

オラはどんな中国語をしゃべってたんだろう~?

ううううううう、気になる!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

ジブチ日記の始まり、始まり~~~

2010年9月6日(月)

四度目の世界一番紀行。午後5時25分、いつものように、神田さんのワゴンタクシーで成田へ。

第二ターミナル、エミレーツ航空カウンターで安原さんらと合流。チェックインでいきなり問題発生。ドバイ・ジブチ間がオーバーアクセスで荷物がスルー出来ない、と。安原さん「聞いてない!」。結局一時間ほどしてスルー、オッケーとな。なんだったんだ~!エミレーツ!(註・1)

316

ドバイ行き、アラビア語満載、お客さんもアラブ系多し。これから10時間のフライト。

CAさんの英語がかなりなまってて、さっぱりプ~!

機内でラッセル・クロウ「ロビンフッド」を見る。おもしろかった。ま、グラディエーターの臭いプンプンだけど・・・・ケイト・ブランシェットが綺麗だった。

安原さんから借りた「モロッコで断食」を読む

日本との時差は5時間。

319

4~5時間寝た(註・2)

朝食後、板尾創路「脱獄王」を見る。いい!

註・1)ま、海外に行くわけですから、おいそれとはすんなり行かないのが常ですが、空港に着いた途端のアクシデント。この先、どうなるんだべ~、とちと不安でしたね~

註・2)さすがに、4回目の世界一番紀行、機内でこんなに寝れるなんて、奇跡です。でもね、飛行機はいまだに大嫌いです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

告白

実は3年前の世界一番紀行の1回目、ロシア・オイミャコンでの話

成田空港に着いた時、衝撃が走った

ビザ申請のミスでこのままではロシアに入国できないと云われた

もろもろ手続きが厳しい国とは聞いてはいたが・・・・

初めての「世界一番紀行」でしかも「世界で一番寒い村」にこれから向かおうとしているというのに

食い下がるも縦に首振る気配は微塵もない

改めて、申請すると認証されるのは二週間後。

プロデューサーを含めスタッフと話し合い、苦渋の決断。

僕らは泣く泣く成田から羽田に行き、そのまま北海道へ飛んだ。

カメラマンの米谷さんをはじめ撮影クルーは全員が北海道出身、なんとか道内でそれらしいところを見つけ、道内在住のロシア人の方にご協力いただけるよう、あらゆるネットワークを駆使。

033

な~~~~んてことは、エヘヘヘヘヘヘヘ

ま、今日は何がナニですから

ごめんちゃい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »