« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

過酷地専門だもの

BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」で

カナダ・キャンモアにお住まいの北濱さんご夫妻

1312

僕の隣の隣のお二人です

北濱さん、神戸でお米屋さんを営んでおられたのですが、お店をやめ、家もすべて売却し、カナダの永住権も取得し、キャンモアに移り住んでおります。

生まれ故郷の日本を離れ、はるか離れた地を終の棲家に選ぶ

それほどの魅力が、この地にあるっていうことなんですね

1307

確かに、素晴らしいところでした!

でも、オラは、世界一番紀行を含め、結構、海外行かせてもらってるけど、

「お~、ここで死ぬまで暮らせたら最高だ~!!!」っていうとこに、まだ一度も出会ったことはないな~

え?あ、そうですよね、ブログのタイトルからも、わかりますよね、エヘヘヘヘヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

だれか答えて!

先日、金環日食がありましたが、実際、日食メガネで見ると、はるか離れた太陽は小さく見えました。

で、です。

2009_038

これは、世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルトでの一枚

僕のデジカメの写真をみんなに見せているところですが、それよりなにより、注目したいのが、太陽のでかさ、近さ です。

ほんとにね、手が届くようなでっかい太陽が目の前にあったんですよ。

標高4000m超えだからなんですかね~

もし、もし、このボリビア・エルアルトで 金環日食があるのなら、さぞかしでっかい指輪をみることができるんでしょうね~

でも、ただ標高の差だけで、太陽がこんなに大きく見えるものなのでしょうか?

だれか、文化系のオータカにわかりやすく答えていただけませんか?

てなわけで、明日、テレビ朝日 午後9時

「Answer」にちょっくらちょいと出てます。見てください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

難産!?

2010年3月13日

 昨夜のオーロラの興奮、冷めやらぬまま起床。

朝食で、次の世界一番紀行の話題に。世界で一番強風な町は?と。なんでも、南米パタゴニア地方は相当、強風らしいが、統計がないそうな。安原さん、米谷さんと盛り上がる。

159

9時出発。まず、世界 何十万種の穀物の種子が保存してあるところに。コンクリートの三角形の建物、頑丈そうな鉄扉がある。

158

それから、海辺まで行き流氷をバックにアバン撮影。

(中略)・・・・・・(註・1)

安原さんが、いい夕景なのでラスコメ撮りたい、と。

夕食、鮭づくし。ノルウェー・サーモン最高!(註・2)

今日もオーロラが見えた!

註・1)実は、ちょいとトラブったのです。コーディネーターさんとの行き違いだったのか、よくわかりませんが、取材対象のミランを怒らせてしまいました。そして、コーディネーターは、すっかり消極的になってしまい、交渉が決裂しそうになったのです。ミランの息子へのインタビューがまだで、それなくしては成立しないので、なんとかしないと、と。僕のつたない英語も飛び出し、なんとか、ミランの機嫌もおさまり、うまいこと行ったのですが、コーディネーターへの不平不満を書き連ねているのでカットしました。エヘヘヘヘヘ。

註・2)一年分のサーモンは食べたかな、と。激うま、ベロうま、極うま、超うま、うまうま!です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

ピロピロ~

某局の某ドラマを撮り終えて、本格的に稽古に復帰しております

8年ぶりの再演、全編 Blue Hearts の曲の音楽劇

「リンダ リンダ」6月20日初日っす!

だから、趣味のパン作りも、全然していません

029

写真は、世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコン 到着翌日にゲストハウスのタマラさんが作ったピロシキ。お手伝いしました

うまかったな~

余裕ができたら、パン作り復活!

最初は、ピロシキ作るかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

おみやさん Season5

明日 5月24日(木) テレビ朝日系 午後9時

「新・おみやさん」 是非是非見てください。

石田えり さん、もっそ~素敵で可愛いひとでした。おじさん、惚れてしまったな~

さて、そんなわけで、本家「おみやさん」は、今シリーズ「新」の冠が付きましたが、Season でいうと「9」だそうです。

で、ワタクシの「世界一番紀行」のお土産シリーズ「おみやさん」

今回 Season5 レシフェ編です。

もちろん、世界一大きなパレード ガーロ・ダ・マドゥルガーダ つまり「夜明けの雄鶏」ですから

おみや はコレ!

__

全ての撮影を終え、みんなと帰国前日にショッピングモールに行った時、ウインドウに飾られていて、イッパツで気に行って即行、買っちまいました。

雄鶏の種類がどうのこうのより、ま、実際わかんないんですけどね、エヘヘヘ

でも、このカラフルな色彩がまさに、ブラジル・レシフェにぴったりだな、と。

で、こちらは、次に行った、「世界で一番大きな棚田 中国・雲南」で見た

雄鶏

224_2

あ、雲南のお土産「おみやさん Season6」はまたいつか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

君は金環日食を見たか

7時34分30秒(東京の最大)だったそうな。

080619kinkan

実は、オータカ 今、某二時間ドラマで長野に来ております。だから上の時間、全く関係ありません。しかも、長野、キンカンニッショクが見られる範囲のギリです。ていうか、金環日食じゃないらしいです。部分日食っていうらしいです。

さて、僕が訪れた、「世界で一番大きな棚田 中国・雲南」でも、今を去ること、二年前の1月に金環日食があったそうです。

219

ですが、僕が訪れた場所は、「雨男」の僕の力を借りずとも、ほとんど、曇天か雨というお天気。実際、滞在3週間のうちで、ピーカンはわずか3~4日でした。

ということは、この棚田で、金環日食が見れた可能性はかなり低いのでは、と思います。

227

ところで、太陽観察用専用フィルターじゃないと目やられるとか、なんやかんや危険だとかって、絶対だめらしいんだけど、俺ら子供の頃、下敷きで太陽透かして見て

「わっ、太陽、まんまるだ~!」って喜んだもんだけど、そこんとこ

ぶっちゃけどうなんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

決戦は明日

年甲斐もなく勉強しております

稽古も、ちゃんとしております

が、明日に向けて、とある勉強しております

詳細と結果は、追ってお知らせします

ブログを書くひまがあったら勉強しろ!とおっしゃる向きもあるでしょうが、そこはそれ、ちょいと休憩、ということで、エヘヘヘヘヘ。

月がもうすぐ、太陽に重なろうとしている今日この頃、いったい何の勉強を?とお思いでしょう。

しかも、受験勉強から解き放たれて、早 30年以上も経つのに、いまさら何を勉強?と。

以前、共演した女優さんのインタビュー記事中、彼女のプロフィールを見て、火が付きました。

「負けちゃいらんね~ぜ!」

Img_0278

がんばるぜ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

ナンプレ

ちょいと前のニュースで、日本の車 ナンバープレートが変わる、かもと。

実際、陸運局の場所と番号しかなくて、わびさびを重んじる日本の情緒は微塵も感じられないそっけないもの。

じゃ、どう変わるのかと思いきや、な、な、長っ!

46eeb2e7s

車のデザイン自体変えなきゃいけね~んじゃねぇの?ま、いいけろ。

その点、海外は違うや~ね~

1293

コリは、BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」で行った、カナダはアルバータ州のプレート

なんでも、カナダはその州のキャッチコピーがプレートに書かれるとのこと。

Wild Rose Country 

野生のバラの国

かっこいい!しかも、バラの花のイラストまで!

日本もそうしたらいいのに

練馬ナンバーなら、当然、

White Radish Country ですかね~

↑こんなん 「練馬」の隣に描いてあったらいいのに

で、作ってみました

Photo

どうですか、練馬ナンバーの方?

あ、そうですか、いやですか、はい、わかりました、すみませんでした~エヘヘヘヘヘヘ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

明け!

2010年9月9日(木)

たぶん今日、ラマダーン明け!

朝食後、11時15分出発、中心地のビルの屋上で実景撮影。だだ暑い。(註・1)

384

そのビル内のレストランで昼食。三種チーズ・パスタ、濃厚で美味い!

食後、歩き撮影。ちとてこずってtake6ほどでオッケー。どんなに暑くても、絶対妥協せず、納得のいく画を撮る闘うカメラマン米谷さん「いい画が撮れました~」とだだ汗。

387

夕方、6時10分。アザーン。ラマダーンが明けた。そこかしこで水を飲み、フルーツを食べている。

ラマダーン明けを祝い、町が賑わう、というので、早めの晩御飯。

9時出発、町の中心地。レストランや屋台、皆、食べる食べる食べる!

ケバブ屋さんの前でインタビュー中、人が集まってきてすごかった。(註・2)

コーディネーターのビクターさんから教えていただいた、ラマダーン明けのお祝いの言葉を云ったら、皆が復唱してくれて、一気に盛り上がった!

Dsc00574_0

イード・ムバラク!

註・1)この屋上も、怒りたくなるくらい暑かったです。写真からは、なんら想像できませんが、ジリジリじりじり。日焼け止め塗ってなかったら、もうね、大変なことになるんです。

註・2)賑わう街の中で、また「ジャッキー・チェン!?」「カンフーできる!?」とか、ちょいちょい云われてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

写真は語る

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト での同志、音声の佐竹さんです。

2009_004

中国・雲南の棚田編でも一緒でした。

さて、エルアルト編は日記も披露し、かなり喋ったかな、と思い、改めて、ボリビアで撮った画像を一枚一枚見ていたら、↑これにブチ当たりました

画面右下の方をご覧ください。

ディレクターの安原さんの指示で、実景を撮っているカメラの小野塚さんがいます。

働いてます。撮影してます。働いてます。

でも、佐竹さん、笑顔です。

標高3500mぐらいの地点です。

でも、いいんです。

佐竹さんは音声ですから。

実景撮影に「音」はいらないんです。

だから、こんな風に

のんきに、記念撮影しても

いいんです。

もちろん、佐竹さんを撮ったのは、この実景撮影に全く用事のない、リポーターの僕です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

いろいろあった日

2010年3月12日

 朝食、先客に米谷さん、安原さん。若者二人は爆睡中!?

「あと3日ですね~」と米谷さん。ラストスパートだな、と。

食後のトイレ、大をしようとドアを開けると、先客、しかも女性が!(そう、ここは混便なのです)

Oh!とか叫んですかさず閉められましたが、なんだろう、あのさ、カギかけようよ。やれやれ。(註・1)

COOPへ。撮影していると、突然ミランが長男のボリスラブを連れてやってきた。なんでも、スノースクーターの免許に合格したそうな。

Rimg0376

で、偶然、以前勤めていたタイ人の女性が、生まれたばかりの赤ちゃんを連れてやってきた。みんなの笑顔、COOPがひとつになった。旦那さんはノルウェー人。幸せいっぱい。

店長のカーリーンさん、COOPはBig Family だ、と。

空港で撮影。海辺、実景。

午後、ミランが町へ繰り出すのに同行。ショッピングセンターへ。びっくりするくらい、みんな知り合い。そして、会う人みんなに、僕を「ジャッキー・チェン!」と紹介(註・2)

ミラン宅。コーヒーブレイクの後、ボリスラブにミランがスノースクーターをプレゼント。

Rimg0364

夕食は、サーモンのバター焼き、ベーコンと野菜の炒め物、ハンバーグ。

食後、部屋にいると、「オーロラが出た!」と外から声。

早速着替えて出ると、確かに広範囲に。そしてどんどん濃くなる。

不思議と、頬に「冷たっ!」と冷気を感じて数分後に決まってオーロラが出現する。

Rimg0383

視界いっぱい、上空をうめつくすかのよう。圧巻。もう、ただただ感動。

米谷さん「オーロラで酒が呑めますね~」と。ま、本人、ほぼ下戸ですけど。

註・1)なんか俺が悪いみたいな感じになって、気分悪かったな~エヘヘヘヘ。あ、もちろん見たのは顔だけですからね

註・2)このくだりはまるまるカットになりました。かなりおかしかったんですけどね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

MAPLE

BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」

行った国は、カナダ 国旗はご存じこれ!

1321

で、この国旗に描かれているのは、サトウカエデの葉

SUGAR MAPLE です。

ですから、ご多聞に漏れず、お土産に買って帰りました。

Img_4163

メイプル・シロップです。

甘くて、美味しいです。

僕のギターです。

Img_7984

サイドとバックの材は、メイプルです。

甘い匂いはしません。

ですが、

甘くて、美しい音を奏でられるよう、毎日、弾いております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

シュラスコ

世界で一番大きなパレード 200万人のパレードは、それはそれは、スーパーウルトラダイナミックハイテンションでしたが

565

もうひとつ、ブラジル・レシフェでウルトラハイテンションダイナミックスーパー(順番替えただけですが)だったのが、

シュラスコ料理でした。

Ar7c6ecalg8j5vca8y6x63cat2xcn9cau_2 Kk62z8caa2yiy0ca1g0yjacae7hehycagy6

滞在中、何回食べただろう!?っつうぐらい食べまくりました。

でも、飽きない!だって、だって

それはそれは、美味しいからです。

ほんとに、店入るだけで、わくわくする!めちゃめちゃ美味しいのですよ!

もちろん、肉ばかりじゃなく、豊富なオードブル、サラダバー、デザート、なんでもかんでも食べ放題。

http://www.barbacoa.jp/aoyama/menu/index.html

↑こちら、日本の有名店。行ったことないけど。

583

で、なんで、こんなに、興奮しながら云うかというと、僕らが美味しい思いをできたのも、コーディネーターのレオさん、のおかげなのです。左の男です、話の半分ぐらい、エロ話しかしませんが(笑)仕事のフットワークはすごいです。右のダニエルさんと共に、最高最強コーディネーター・コンビです。

ほんで、レオさん。お店に入って、店員の方が、肉を持ってサーブしに来ると、決まって

「こんな、残りを持ってくんじゃないよ、もっと、ジューシーで美味しくて、見ただけで、よだれ出まくりの美味しすぎる部位を持って来てくれよ~!」と

だから、僕たちは、いつもおいしい、美味しい思いをさせていただきました~

でも、日本のシュラスコ店、ちと高い!とオラは思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

民族衣装

中国は漢族の他、55もの少数民族が暮らしています。

世界で一番大きな棚田のある雲南省元陽も、ハニ族 と イ族 という二つの民族が。

二つの部族は住む村こそ違えど、この世界一の棚田と共に、争いもなく平和に暮らしております。

ハニ族なのかイ族なのか、男性は見た目全くわかりません。漢族との区別もつきません、フツーに中国人です。僕らともあんまり変わりません、アジア人です。

女性は基本、民族衣装の方が多いです。

パンツスタイルで、ハニ族は黒ベースにブルー系、イ族はちょいカラフル系です

こちらハニ族

162

↓ 村長さんとこの長男の嫁さん

317

お世話になった、盧さんの奥さん

325

で、イ族

300

158

で、いつも食べてたレストランの女主人、ハニ族です

330

ハニ族の基本衣装からは、かなりのぶっ飛びです。でも、おじさんは、こういうの、そそられるな~~~エヘヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

オイミャコンとは!?

「オイミャコン」ってググってみると、ありがたいことに

1ページ目に「大高洋夫 極限地専門リポーター宣言」がありました。

そして、オイミャコンの画像検索結果の中には、僕がアップした写真やらが、たくさんあるではないですか!

なんか、嬉しいぞ!

さて、世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコンを訪れた、THE 日本人 はいったい何人ぐらいいるのかな~と。

P1100043

オイミャコンには、もちろんホテルなんてものはなく、僕らがホームステイ以外でお世話になった、ゲストハウス風なところは、部屋数二つの6ベッドで、撮影班3人、ディレクター安原さん、コーディネーターのアレックスさん、と僕。ドライバー2人ともう一人のコーディネーターのサルダーナ(女性)は知り合いの家に泊ってました。

019

観光客の方も頻繁に訪れるような地ではないのですが、そのゲストハウスに、旅人がしたためたノートが!

いろんな国の言葉で、書かれていましたが、その中に、日本語はありませんでした。

僕が行く前年に、「イッテQ」でお笑いコンビの方が行かれました。その映像も見ましたが、ま、ここだけのハナシ、ちとモってたな~、エヘヘヘヘヘ。行った者にしかわからないんですけどね。

016

とにかく、行くだけで、モスクワからほぼまる3日かかりますからね~

なんたって、あの「シベリア追跡」の椎名誠さんも、行けなかったオイミャコン、まさに、貴重な体験さしてもらいました。

もっぺん、行ってみて~~~、いやまじでまじで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

二度あることは三度ある!?

2010年9月8日(水)

今日でラマダーン(断食月)が終了なのかもしれない。夕方出る、月の形で決まるらしい。

朝食、カレーが美味しかった。安原さん、ロケスケジュールを立て直すので、技術班と僕は待機。

13時半、出発。水を買いに行く。「ラマダーン中だから、外で飲むな!」と云われた。

この炎天下、工事現場で働く人たちにインタビュー。断食をすることで神の祝福を受ける、と。

にしても、ともかく暑い。「思考能力がなくなる」と安原さん。

ホテルに戻り、30分ほど待機して、再出発。

ハメッドさん宅で、一日の断食終わりの食事、イフタールをいただく。肉団子風の揚げパンやらナツメヤシの実やら、どれもこれも最高においしかった。

隣に、ハメッドさんの次女、ハリマが座る。ラマダーンの意義などを聞く。話が盛り上がってくると突っ込みで彼女にソフトタッチとかしたりしてた。コーディネーターのビクターさんが「おやじさんがいい顔してなかったよ」と。あ、そうだ!イスラム圏だ!すっかり、失念。ついつい、スキンシップで触っちまう、おじさん、反省。(註・1)

Img_0200_0

夜、もう一人の取材対象、アリさん宅訪問、ちょいとDeep Zone。いきなり外で涼んでたのかよくわからんけど、おばさんが大声でたぶん「撮るな!」と云いながら、石じゃなく、岩を持って両手で投げてきた。(註・2)

ジブチに来て二日、男性より女性の方が怖い。

でもアリさん一家は、皆やさしい。

619

まただ、「ジャッキー・チェン!?」と云われた。

622

酔拳のマネしたら、バカ受けだった。(註・3)

註・1)結局、このくだりは全部カットになっちまいました。残念。ま、何十時間もの撮影したビデオを90分に編集するわけで、まるまるカットは、ざらなんです。エヘヘヘヘヘ

註・2)投石おばさん、「鬼瓦みたいな顔してたよ!」とカメラの米谷さん。ほんと、まさに鬼の形相でした

註・3)ボリビア、ロングイヤービエン、に続いて、3度目のジャッキーでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »