« いろいろあった日 | トップページ | 明け! »

2012年5月13日 (日)

写真は語る

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト での同志、音声の佐竹さんです。

2009_004

中国・雲南の棚田編でも一緒でした。

さて、エルアルト編は日記も披露し、かなり喋ったかな、と思い、改めて、ボリビアで撮った画像を一枚一枚見ていたら、↑これにブチ当たりました

画面右下の方をご覧ください。

ディレクターの安原さんの指示で、実景を撮っているカメラの小野塚さんがいます。

働いてます。撮影してます。働いてます。

でも、佐竹さん、笑顔です。

標高3500mぐらいの地点です。

でも、いいんです。

佐竹さんは音声ですから。

実景撮影に「音」はいらないんです。

だから、こんな風に

のんきに、記念撮影しても

いいんです。

もちろん、佐竹さんを撮ったのは、この実景撮影に全く用事のない、リポーターの僕です

|

« いろいろあった日 | トップページ | 明け! »

エルアルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/45004385

この記事へのトラックバック一覧です: 写真は語る:

« いろいろあった日 | トップページ | 明け! »