« 生還 | トップページ | ここではないどこかの正体 »

2012年10月31日 (水)

衛星電話

今でこそ、世界中どこへ行っても、携帯電話がつながります。

スカイプ等を利用すれば、数千キロ離れていても、無料で通話ができます。

とても便利です。助かってます。

ですが、世界一番紀行・第一弾のロシア・オイミャコンの時、今から3年前の話ですが、僕もiPhoneではありませんでしたが、出発前に、プロデューサーから

「人口数百人のちっちゃな村で、ま、-50度を超える極限の地ですから~携帯は・・・・通じませんね~~~」

あ~~~じゃ、ま、携帯持ってっても意味がない!?と僕

「ディレクターが衛星電話を持っていくので、もし何かあれば、それで!」

世界で一番寒い地に向かう2009年の新春、僕は書き初めを何十年かぶりにしました。

1043027418_35s_2

そして、現地オイミャコンに丸4日ほどかけ、車で何十時間もの移動をし、ようやく着きました。外は-50度。ディレクターの安原さんが使う、地球の遥か上空を飛ぶロケットを経由する衛星電話を貸していただいて家族と話をした時の喜びと感動は今も忘れません。

つくづく思いました

045_2

「エラいとこに来ちまったな~~~~」と。

|

« 生還 | トップページ | ここではないどこかの正体 »

オイミャコン」カテゴリの記事

コメント

オイミャコンの時は
本当に心配でしたね~
今は本当に便利ですよ。
ここGuamからちゃちゃっとコメント出来るなんて!
ちょいと前には予想も出来なかったコトです!
今回の一番の収穫です(^.^)

投稿: にしこ | 2012年11月 3日 (土) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324363/47616833

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星電話:

« 生還 | トップページ | ここではないどこかの正体 »