« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

また!

ま、そういったわけで、よいお年を!

これで終わりかいっ!エヘヘヘヘヘ

いやいや、ま、今年もいろいろありました、と振り返ってもしかたないのでね~

年明け早々、舞台も始まりますので、簡単に・・・

http://ashura-stage.com/cast

ていうか

来年もいい年にしたいな、と思うだけです

んで

んで

んで

278

また、いろんなとこ行きたいな、と

http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22526_201212301900.html

そして、本日

BSジャパン 午後7時~8時54分

「激論!よみがえれ日本柔道~今こそ強い日本になる~」

という番組の司会やってます

是非見てください!

では、また来年!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

オイミャコン再び!

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/22016_201212291800.html

オイミャコンです!

でも、僕じゃありません!

野村真美さんが!オイミャコンヘ!

そして、なんと、音声スタッフの、うっち~(内田丈也さん)は僕と一緒にも行ってるので、二度目の「世界で一番寒い村」です

                             

                             

P1080256

うっち~から帰国後早速メールがあり、画像を送ってもらったのですが、もう懐かしい風景が!

泣きそうになりましたよ、まじでまじで。

真美さんのレポート、楽しみです

みなさんも是非ご覧になってください

明日、午後6時から

テレビ東京系

「所さんの世界ビックリ村③」です!

必見!!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

スリル

地球イチバン 「地球でイチバン荒地と闘う人たち・黄土高原」

ずばり、雨期に集中的に降る雨で侵食した黄土高原を。

063

こんな風に削り取られた大地です。

こんな風景が、日本の1.5倍あるんだそうです。

そして侵食はいまだ止まってません。

流れた土砂は黄河を伝い、海に流れていってるんだそうです。

もうね、そこかしこに、土砂崩れ状態の崖だらけなわけです。

もちろん、覗きたくなるのが心情。

ゆく先々の侵食谷で、僕が崖ぎりぎりまで行って下を覗くたびに、ディレクターの西条さん、ヒヤヒヤして「オータカさん、やめて下さい!!!!」と。

141

ま、そりゃ、云われるわな

覗いてる画、撮ったのに、放送では全くカットされてたな~~。ま、いいけど。エヘヘヘヘヘ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

ハードル高っ!

2011年3月3日(木)

 いまだ時差ボケなのか、午前二時頃寝たのに五時過ぎに目が覚めた。

桜居さんの容態はどうなのかな~(註)

朝食後、安原さんから電話。桜居さん、徐々に回復しつつあるそうな。よかった。

10時半出発。空港へ。実景撮り。ついていった。

空港内はまさにお祭り気分。

昼食後はカルロスの家に行きカイシャ(小太鼓)の稽古。

Rimg0229

難しい、全然ダメだ。

それからパレード会場へ。今日はプレ・パレードがある。カルロスの所属する楽団の演奏。

めちゃめちゃかっこいい!

「あとはやりながら覚えよう」とカルロス

大丈夫かな~~

パレード ゴール地点の橋の上にシンボルのガーロ(雄鶏)のモニュメントが建てられるらしいとの情報。

Rimg0209

でも、雄鶏だから、建つのは明朝五時半頃と聞いてあきらめた。

部屋でカイシャの練習。がんばんべ~~~

註)前日に腹痛でブッ倒れたのです。ほんとびっくりしました。この日からカメラは現地コーディネーターでカメラもできるレオさんに変わりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

やっぱこれ!

「地球イチバン」で訪れた中国

昨年の「世界一番紀行」に続き二度目でした

二週間の滞在の間、いわゆる北京語をちょいちょい習い、使っておりました

ところが、さすがの中国、世界一の大国です

世界一番紀行の時、雲南省の方で習った言葉が全く通じません

自信を持って発した言葉にキョトンとされ、こちらは何度もがっかりしました

そりゃそうですよね、あんだけでかい国なら・・・・

コカコーラとペプシコーラの中国語

「コッケコーロ」に「パイスコーロ」

陝西省、甘粛省では全く理解してもらえませんでした~~

なんでだろう!?

ま、でも確実に通じたものがあります

エヘヘヘヘヘ

115

「ラ~~~~~~~~~~~~!!!!」

(辛ぇ~~~~~~~~~~~!!!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

一枚の写真 in ボリビア

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト

全てのロケを終えみんなで撮った写真です

2009_160

あれからもう三年が経ちました。

ディレクターの安原さん、カメラの小野塚さん、音声の佐竹さんは言わずもがな

コーディネーターの すずきともこさんはペルー・クスコ在住ですが、今、お子さんを産んで日本にいらっしゃるので帰国してから何度かお会いしました

ですが、

可能性だけで考えると、僕がボリビアをもう一度訪ねることは極めて低く、そして、たとえ万に一つでも行けたとしても、お世話になったビルマさん一家にもう一度会えることは、砂浜に落ちたコンタクトを拾える可能性より低いのかな~、と。

長男のヘベル、アナとエベリンの姉妹、彼らはこれからどんな人生を歩んでいくのかな~

本当に親孝行な子供たちでした。

もう一度会いたいですけど、こればっかりはね~~~

まさに

一度一会ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

あいほん

僕が今使っているのは

iPhone4 です

去年の8月、BS日テレ「シニアのためのあこがれ海外生活」のロケで

カナダに行ったときにカヌーが転覆して、おしゃかになった3GSから変えたものです。

__

で、変えて程なくして、4Sが発売されました。

それから一年ほどで、いまや5が巷を席捲しております

僕の4は全然元気です

何の問題もありません

だから、機種変する気はさらさらありません

だって、この4をちゃんと使ってあげないと

カヌーで転覆しておしゃかになった3GSが浮かばれないじゃないですか

なんてね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

やっぱり水!

地球イチバン 地球でイチバン荒地と闘う人たち

中国は黄土高原に行ってきたのですが、その昔黄土高原は緑豊かな大地だったのですが、森林伐採やら、田畑を作ることで、あっちゅう間に緑はなくなり、土がむき出しになり、偏西風によってどんどん砂漠化していったそうです。そして温暖化もあいまって、降水量も少なくなり、ついに退耕環林、耕すのをやめ林にする、つまり昔に戻そう、と。

で、家畜のヤギや羊は、とばっちりです。

046

まず、緑に戻すために、草を食べ尽くしてしまう彼らを放牧させないようにしたのです

禁牧です

家畜舎の中でず~~~っと暮らしてます

ちと、かわいそうでした

そしてすっかり降水量が減ってしまった、乾いた大地に植えられたゴマ畑の土を踏みしめると、あの独特な、サクっという音

047

つくづく、命の水のありがたみと、そしてここで生きていくことの大変さを感じたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

サーモンといえば

世界で一番北の町 ノルウェー・ロングイヤービエン

お世話になった人々への感謝の気持ちで、サーモン寿司を握った。

「天までとどけ」というドラマで寿司職人の役だったので、見よう見まねでちょいと習ったことがあったので、エヘヘヘヘヘ

しかも、こんな美味しいノルウェー・サーモンを生で食す習慣がないとはもったいない、ということで是非食べてもらいたいという思いもあった。

完食してもらい嬉しかった。

Rimg0430

スーパーや鮮魚店などに行くと、サーモンと云えば、「ノルウェー産」と「チリ産」が相場。

行ったからではないが、味はノルウェー産のほうが図抜けてうまいと思う。

南米のご陽気さより、北極海の冷水でしめられた身の方が旨いのかな、と思ったりするのだけど、どうなんだろうそこんとこ。

帰国後、死ぬほど食って死ぬほどうまかったノルウェー・サーモンのハナシをしたものだから、我が家は食卓にサーモンが並ぶと

「どこ産?」と必ず聞かれる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

信頼

世界で一番大きな棚田 中国・雲南

雲南省の昆明(クンミン)というところから車で10時間ほど、げ、10時間!

大変だったな~

何回か休憩や食事を取りながら、延々走り続けました

で、ようやく着いて、目の前に広がるこの絶景です

203

それはそれは、見事でありました。

当然、棚田の中を歩く撮影をしたわけですが・・・・

これがね、もちろん取材させていただいた盧(ロ)さん一家が道に迷うなんてことはないのですが、いざ、僕らが入って行くと

ほぼみんな同じようなあぜ道に見えるわけで、一本でも違う道に入り込むと、あみだくじで全然違う方向に行くように、来た道はおろか村にも帰れなくなってしまったりするわけです。

ましてや、放置プレイ撮影なんて日にゃ!

157

ま、そんなことを平気でさせる、とっても信頼のおけるスタッフといつも仕事をしております。エヘヘヘヘヘ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

今そこにある危機

2011年3月2日(水)

今だに時差ボケなのか、夕方ロケ中に強烈な睡魔が訪れる。で、もうホテル帰って9時か10時に寝てしまい、夜中の2時、3時に目が覚める。

9時半出発、今日はオートバイに、ゴープロというCCDカメラをつけて、200万人のパレードのコースを撮影、僕もタンデムに乗る。

お昼前に教会のミサを見学。黒人の奴隷の人たちのために作られた最初の教会だそうな。

黒い肌のマリアが印象的。

Rimg0147

で、カメラの桜居さんの具合がよくない。痛みをおして、ちょいちょい撮ってたが、昼食もいっさい食べなかった。

午後の撮影のため店を出ると、いきなり桜居さん、ブッ倒れてしまった。

サブ・コーディネーターのレオさんがカメラもできる人なので、急遽代わってもらい、桜居さんを医者に。

Img_0177

コーディネーターのダニエルさんが盲腸かも!?。

激震。

でも撮影は続けねば。

レオさんのカメラで、なんとか乗り切ったが、今後のことを考えると・・・・

Rimg0156

で、病院。桜居さんは点滴をしながら横になってた。腹痛の間隔は長くなったが、まだある、と。

ディレクターの安原さんは、このままカメラが回せなくなったら、を考えていろいろ対処していた。

見舞い後、食事。ホテルに帰ると、ダニエルさんからの報告、盲腸ではなく食中毒かも、と。入院はせず投薬で治すそうな。明日からの撮影はわからないが、ひとまず安心。

長い一日だった。

世界一番紀行、5回のロケで、最大の危機でしたね~~いろんなピンチがいままでありましたが、これほどの危機はないです。巨木が倒れるように桜居さんがブッ倒れたさま、鮮明に覚えてます。でも、こういう時こそ結束しますよね~人は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

はちみつ犬

中国はとにかくとてつもなく大きい!

ま、地球イチバンで行った黄土高原でのハナシ

ロケ車でいろんなとこ行ったのですが、道沿いには

移動養蜂業の方が!

101

花がたくさん咲いているところを求めて、移動しながら、採れたての蜂蜜を売っています。

ちょいと味見がてら舐めさせてもらいましたが、もう濃厚で劇甘でございました。

102

そんななか、ディレクターの西条さんが頭頂部を蜂に刺されてしまい、ひと悶着ありましたが、冷やしてことなきを得ました。エヘヘヘヘ。

で、その養蜂業のおじさんが飼っていた子犬の可愛さに思わず自分も蜂に刺されるかもしれぬことも忘れデレデレしてしまいました

これはちょっとかわいすぎでしょ!

105

ね!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

孤独な摩天楼

2010年9月18日(土)

今日はゆっくり。11時45分出発。

残撮。で、ホテルに戻り昼食。デザートのみ。

明日の帰り、ドバイで、トランジット8時間あるので世界一の超高層ビル ブルジュ・ハリファに行こうか、と。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1

なんだかんだ調べると時間的に厳しいことがわかり、諦めた。

ま、行きに機内からは見えたんだけどね。(左下です)

326

午後、2時半出発。ちょいちょい撮影の後、オレには関係のない実景で安原さんたちは街の中へ。俺は車周辺で待機。

すると、首に思い切り15cm程の切られた傷(!?)しかも縫ったばかりで、糸丸見えの若者やってきて何かしゃべってきた。すかさず、現地コーディネーターが大声で叫んで追っ払ってくれた。もっそ~~怖かった。

それから、なんやかんやといろいろ取り残し分の撮影。

そして夜近くなって、無事、オールアップ。

622

正直しんどかったな~~体力的にね。ま、でもがんばった。

いつものようにみんなで食事。

明日また、プール行こうかな、と。

撮影自体の最終日で、もうほぼ前日までにめぼしいところは撮り切っていたので、気分は帰国モード!?いや、でも、毎回、帰国が近付くと、もっといたい!って思っちゃうんですよね~~~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

寒いと・・・・

先日まで撮影してたとあるドラマ

衣装合わせの日に、劇用スチール撮影がありました

いわゆる、実際に使われる小道具としての写真を撮影するわけであります。

その撮影中、その二時間ドラマ、シリーズ全てを20年に渡り撮っている、Y監督が、現れました。

Y監督、ちょいと腰痛だったようで

僕が衣装合わせの部屋のとなりでスチール撮影してるのを見かけ

いきなり

「オータカ~~~っ!表情かてぇ~~よ!寒いとこばっか行ってっからだよ~~!」と

もう笑うしかないです。

ていうか、Y監督が、僕のオイミャコン編を見てくれてたことに感謝感激でありました。

036

その後も

「よくあんな寒いとこでなんともなかったんだな~」とか

「俺は絶対やだな~」とか

「お前の体、おかしいんじゃね~の~」とか

ま、いろいろおっしゃってました。

名監督です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

ヤオトン

地球イチバン 地球でイチバン荒れ地と闘う人たち

中国は黄土高原

ここで暮らす人たちは、土の中で暮らしています

078

それはヤオトンと呼ばれ、土をコの字に削り、その削った面にいくつか穴を掘り、そこで食事をしたり寝たりするわけです。

ま、写真を見てみればわかるように、もっと過酷感満載かと思ったら、かなり快適な生活空間でありました

077

コの字にすることで崩れるのを防ぎ 風を防いでいるのです。

044

ライフラインである水は、基本 井戸水です。

電気は聞けば、8年前に通ったそうです。

でも、黄土高原の砂は小麦粉のような細かい粒子、崩れやしないかと心配でしたが、乾けば固く固まるんだ全然心配ないよ、と云われました。

にしても人はどんなとこでも、強く生きていけるのだな~と。

すごいのひとことです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »