« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

棚田カウントダウン!

2011年10月5日(水)

 久々に目ざましで起床。7時朝食。鼻水・・・風邪気味。

8時出発。我々だけでは棚田を昇りきるのは迷宮に入るようなものだので、ロソンに付いて来てもらうことに。

棚田の下にむかって降りる降りる。

根岸さんとリーさんはバーダーの展望台で俺たちを狙う。

ロソンも行ったことのない、すり鉢状の棚田の一番下の下。展望台から俺たちを見失わないために、ロソンが竹を一本切って赤い布をつけて目印にした。

131

ついに一番下の棚田に到着。ここから一段一段数えて行く。400m以上登る。

最初はゆるやかな坂。徐々にきつくなっていく。畦道をそろりそろり歩く。沢を昇ったり、川を突っ切ったり。

撮影する小野塚さんたちはもっと大変だ。後ろから前から、時にはロング。運動量はハンパない。

途中どの道を行くか展望台のリーさんとやり取りしながらの登り。

悪路が付かれる。コメをしょったロバとすれ違ったり、でかいコメをかついだ人、わらをかついでいる人。皆、大変だ。

途中、足がすべったり、田んぼに落ちそうになったりしながら、村へ続くドラゴンの橋が見えた時はホントに嬉しかった。

やっと戻ってきた。

ちょいと風邪気味でどうなるかと思ったがなんとか乗り切った。

244

段数は1500段を軽く超えていた。

夕食はいつもの合口鮮飯店で持ってきた本だしで、水炊きにしてもらった。持ち出し料理!最後は卵でおじや。美味。やっぱ日本人はこれだよね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

意外!

世界で一番北の町 ノルウェー・ロングイヤービエン に行った時

撮影初日、地球儀を持って首都オスロの人通りの多い所で人々に聞きました

Rimg0029

「ノルウェーには世界で一番北の町があるんだけど、どこかわかりますか?」と

実はロングイヤービエンはノルウェー本土ではなく本土より北上2000kmほど行ったところにあるスバルバル諸島という島にある町

ですから、ほとんどのオスロの人たちは当てることができませんでした

ま、僕ら日本人でも、四国四県、九州七県、東北六県、すらすら答えられる人なかなかいなかったりしませんか

あ、僕の故郷新潟は東北六県ではないですよ~

ましてや、僕なんて佐渡 行ったことないですからね~

てことで、2000kmも離れた町、ノルウェーに主権があるとはいえ、ノルウェーのようでノルウェーでない、ロングイヤービエン

機内から見えた景色はまさに

059
絶景でございました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

ヘリ、カヌーそして・・・・・

2011年8月26日

 8時半出発。北浜さん宅へ。それから、ヘリハイキング。初ヘリ。大興奮。

1385

一挙上空へ!カナディアンロッキー一望。最高の贅沢。とにかく言葉にならない。

山間の平原に着陸。下を流れる河まで降りた。水がきれい。森、山、河、大自然に囲まれてゆっくりと流れる時間。ずっとこうしていたいと思う。最強、最高の感動。

1388

今日からコーディネーターがおひとり増えた。小野里さん。なんとIQエンジンも第三舞台も見てた、と。バンフ在住20年、オラの若いころを知る人。

それからTwo Jack Lake へ。森に囲まれた湖。ルアー釣りを簡単にレクチャーしてもらい、ヨクラさんのお友達のリーさんと湖へ。

気持ちいい。釣れれば最高だが、釣り糸をたらしてるだけでこの上ない贅沢。

結局ぼうずだったけど、とてもいい時間だった。

・・・・が悲劇が待ってた。

戻ろうとしてオールをかこうとしたら、リーさんも同じほうにオールをかき、あっちゅう間に重心が左に傾きそのまま転覆してしまった。

__3

さいわい、岸に近い方だったので、ひっくり返ったカヌーにしがみついて岸まで泳いだ。

ようやくたどり着き、足が付いたので、立ちあがると急に体が冷え震えが止まらない。全身びしょぬれ。そのまま、ホテルに帰りとにかく風呂に入ってあったまった。

iPhoneがおしゃかになった。ディレクターの太田さんが乾かせば復活するかも、と。

とにかく大変な日だった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

ザ・中国

昨年夏、NHK「地球イチバン」で中国は陝西省、甘粛省を訪れ、黄土高原を取材してきました。

ま、そんでなんですけど

中国の子供たちはどうしてこういう髪型をするんだろう

083_2

前髪は何か意味があるんだろうか

ま、いいけど・・・・・・・

で、テレビをつけると

やっぱりやってました

こんな、ばったもん番組

272

いいですね~このチープ感!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

美山

富士山が世界遺産に登録されて、ちょいと経ちましたが

この山は、僕が行った

世界で一番標高の高い街 ボリビア・エルアルト にある聖なる山

2009_112

ワイナ・ポトシです

標高6088mです、末広がりで目出度い感じがします、そして覚えやすい!一度覚えたら忘れられない高さです

そしてこの写真を撮ってる地点がすでに標高4000mを超えております

世界遺産になった富士山より高い地点にいるわけです

この写真を撮った頃はすでに、帰国数日前で高地にも順応しつつあり、小走りなんかもできるようになっておりました

ですが、世界遺産になった富士山。いくら標高4000mを超える地点を経験したとはいえ、世界遺産になった富士山に登りたいとは思っても、一度高山病にかかったことがある身としては、世界遺産になった富士山に登ることはかなり躊躇いたしますです。ですから、今はかなり混んでるようですが、ほとぼりが冷めても、世界遺産になった富士山に登ることは当分ないですね~

なんだか、ワイナ・ポトシ そっちのけで世界遺産になった富士山のハナシになってしまいました。

でも、このワイナ・ポトシ 世界遺産になった富士山のように美しい山だと思いませんか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

ちょこMy Love

たまには愛犬のハナシでも。

昨日、うちの「ちょこ」がめでたく10歳を迎えました。

Img_3477

犬は人間でいうと、生まれて最初の1年で18歳になるのだそうで、で、その後3歳ずつ年を取るのだそうです。

ですから、ちょこは18+3×9で

45歳のおばちゃんということになります。

シルバーダップルという毛並みで、いわゆる三毛猫のようです。聞けば劣性遺伝らしく、一代限りといわれ、お婿さんはもらってません。

そのお婿さんも、ブラックタンかチョコレートタンという毛並みでないとダメなんだそうです。

ちょこの両親もシルバーダップルとチョコレートタンなのです。

最近、若干ですが目が白濁してきました。加齢性白内障というやつのようで・・・

せんないことですが

長生きしてほしいですね~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

とにかく曇りか雨

2011年10月4日(火)

7時朝食、ほどなく出発の予定が、ホテルの前に停車していたロケ車のそばに3台も車が止まって出られない。なんたる停め方!

ホテルマンものんびり、車を調べながら電話したり・・・・ようやく持ち主が車を動かし出発。

盧さん宅。お母さんの豚の世話。ロソンの娘の小秋ちゃんと野菜取り等々。

肌寒くて鼻水、ちょい風っぴき。

200

昼食は大魚塘村のレストラン。赤めしがうまい。

201

料理は辛いけど。

午後から盧さん親子と芝刈り。それから水路等撮影。

太陽が久しぶりに出てる、明日は晴れるか。棚田の段数をカウントする予定。

うまいこといくか、いってほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

アカシア

世界で一番暑い土地、ジブチ~アファール三角地帯~

2010年の夏でした

ジブチは市内はそれなりに栄えています、が、ちょいと車を走らせれば

そこはそれ、アフリカですから

一面砂漠は広がる大地なのです

いけどもいけども砂漠が続くだけなのです

ですから、こんな木陰でも

Img_0181_0

ほんとにオアシスなのです

画像だけでは暑さが伝わらないのが本当に残念ですが

大変な暑さなんです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

オイミャコンだって・・・・・・

http://ja.weather-forecasts.ru/forecast/ru/ojmjakon/

上をちょいとクリック

世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコンの天気予報です

な、な、なんと 今週の予想最高気温は

20度超えてる日があります!

-50度を遥かに超える世界一寒い村なのに~

042

寒暖差が約70度以上、考えられませんね~

でも、暑いオイミャコンも一度行ってみたいですけどね~

かなりやばいらしいです

なんでかっていうと、トイレがですね~

いや、やめときましょう。

活字だけでもプンプン臭ってきそうですから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

役に立ったこと

もいっこ「キフシャム国の冒険」のハナシを!

今回、ハシモリ王という役で、ま、それなりの役作りなんざぁ考えたりしてたわけで

台本を読むと、明らかに暴君(笑)

そして樹の精霊、ま、人間ではない・・・・・

ん~~~とオータカ考えました

で、メイクがこんな風に

Img_3524

実は大学の卒論で歌舞伎の隈取をちょいとかじったもんで

オラの発案でメイクのにっし~と相談して決めました。

ま、本家の隈取は、赤が正義の味方、青隈は悪!

樹の精霊なので、緑の隈を、とこうなった次第であります

いや~、ぶっちゃけ、久しぶりにメイクして舞台立ちました(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

不死鳥

8月1日~3日はオラの故郷、新潟・長岡まつりの日です。

2日と3日は、信濃川河川敷で花火大会があり、名物の三尺玉があがります。

そもそも、8月1日は、昭和20年に長岡が大空襲にみまわれた日で、花火大会はその空襲で亡くなった人々の慰霊のために開催されるようになったと聞きました

何故、長岡が空襲に遭わなければならなかったのか、子供の頃、誰から聞いたのかはわからねど「長岡は連合艦隊司令長官 山本五十六の故郷だから空襲に遭ったんだよ」と

でも、実際は、兵器の工場がたくさんあり、微量ながら石油も産出していたからだ、ということらしいです

花火大会ですが、これは必見です

夜空を見上げてあなたの視界すべてが花火で埋め尽くされます!と云えばその迫力が少しは伝わるかと思います

2004年の中越地震で長岡はかなりの大打撃を受けました。その年は集中豪雨、大雪と散々な年だったので、翌年の花火大会はまさに復興の花火大会でした。

信濃川河川敷、2.5km の間に9本の筒を並べて、平原綾香さんの「ジュピター」に合わせての特大スターマイン、その名も「フェニックス」

Imagesjpg


およそ4分間もの間、鳴り止まず上がり輝き続ける花火花火花火!

いろんな思いが交錯して、オラ、泣いちまっただ!

今年は、数年ぶりに見に行こうと思ってます

遠出して見る価値あり、ですぜ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »