« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

共有の喜び

今や伝説となっている(笑)

栄えある「地球イチバン」の第一回目の放送は、ナインティナインの矢部っちが

NHK初司会というふれこみで放送されました

で、その時僕がBS「世界一番紀行」で行ったボリビア編を編集して、ゲストに美輪明宏さんと兼高かおるさんをお迎えして収録しました

Chikyu_large

「兼高かおる世界の旅」でおなじみの兼高さんは50年前にボリビアを訪ねられたそうですが、その頃はエルアルトはなく、ラパスの町もすり鉢状の土地にさほど混み合うほどでもなかったようです

2009_135

そして、なにより、兼高さんも高山病になられて

「人生で一番苦しい思いをした」とおっしゃってました

ボリビアから帰国して初めて、あの思いを共有できて、なんと嬉しかったことか・・・・

そして、高山病の治療はとにかく低く低くが鉄則

兼高さん、ベッドに寝るのもやめて、床に寝てたそうです

もっとたくさん高山病経験者集めて、話がしたい!

「高山病の苦しさを分かち合う会」を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

ご厄介に・・・・・

地球でイチバン荒地と闘う人々を取材に中国・黄土高原に行ったのが昨年の夏。

退耕還林、緑地化、と云ったなにやら今までの「世界一番紀行」とは趣の違う内容で、少々とまどいもありましたが、自然と共生していくことが肝心、自然に逆らうとえらい目に遭うということは、ようくわかりました

あ、これは

158

別に向こうでワルサをして警察のご厄介になったわけではありません

コーディネーターの知り合いに警察の方がいて、ある撮影現場まで道が狭くてロケバスでは到底無理ということがわかり、パトカーで行くことになった時に撮ったものです

159

生まれて初めてパトカーに乗りました

しかも中国で!

ていうか、初めてじゃなかったら、どうなのってハナシ(笑)

エヘヘヘ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

ぶっちゃける!

もう、世界で一番北の町 ノルウェー・ロングイヤービエン の旅から3年以上の月日が経ったので、なんでも話しちゃえ的感覚で!

ノルウェーの首都オスロに着いて、市内のロケからスタートしたのですが、撮影始まってまもない頃、このビルの前でした。

029

なにやら3~4人くらいの若者が、コーディネーターの村上さんにふざけて体に絡みついてきたのです。

そして、まさにものの数秒の出来ごとでした。

村上さんの上着のポケットから、封筒を盗って、脱兎のごとく走り去りました。

で、その封筒はというと、ディレクターの安原さんが手渡した村上さんの今回のギャラが入ってたのです

すぐに、警察に届けましたが、戻ってくるはずもありません

ま、ぶっちゃけ、ポケットに入れてた村上さんも不用心でしたが、その抱きつきスリ軍団も、村上さんのポケットに金が入ってるかどうかもわからずの決行だったわけで、なんちゅうか、とにかく、撮影初日に、驚愕の出来ごとでした。

で、ロングイヤービエンに行ってからも、なんだかんだ、ちっちゃなことから、え、ってなことも、いろいろ村上さんがらみの問題も、なかなかあって、ぶっちゃけ大変なロケだったのです

Rimg0052

ま、まだ云いたいことはたくさんあるんですけど、このへんにしときます

もし、また酔った勢いで、あ、俺、酒のめねぇんだ、エヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

で、翌日

2011年8月27日(土)

入眠剤が効かない。時差ぼけか。

iPhoneを乾かしたけれど復活の兆しなし。8時半、ディレクターの太田さんと朝食。9時出発。ヨクラさん宅へ。奥さん綺麗!iPhone 壊れてるので写真も撮れない。

バンフに34年とな。うらやましい。

それからHISコーナー収録。現地の小板橋さんと一緒に撮影。

昼食、とり肉うどん 美味!

1408

で、昨日カヌーで転覆した Two Jack Lake へ。撮れなかった、リーさんのインタビューを。イイ話が聞けた。あと湖に遊びに来てた夫婦にも。

キャンモアへ移動。普通に道にビッグホーンシープが出てくる。

1404_2

北浜さんの勤め先 撮影。

バンフ・キャンモアは今日が最終日。さらばカナディアン・ロッキー。大自然に囲まれて幸せだったよ~

車はカルガリーへ。アルバータ牛のステーキを食べに店員さんが、カウボーイ&カウガールのにぎやかなお店へ。映画「クール・ランニング」のロケで使われたそうな。

とにかくカナダ人は陽気だな~。ステーキも美味かった。

__2

iPhone 復旧!でもWiFi が使えない。液晶もまだ乾ききってない。

ま、しかたないね~~~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

1964年

紀伊國屋ホールで上演した「キフシャム国の冒険」が終わって

はや3ヶ月が経とうとしてますが

この舞台では、ラスト雨降らしがありました

いわゆる「本水」っていうやつです

しかも、すごい降りなんです

当然、降った雨はどこに行くか

大変なんです

舞台の下を水槽にして、それをポンプで吸い上げるという作業を演出部のみなさんでやってくださってたのです

Img_3536

で、一番の心配は水漏れなのです。

なんたって、劇場の下は書店売り場なので、水漏れしたら、水漏れしたら、水漏れしたら

本が、本が、本が・・・・・

ともかく大変なことになるので、細心の注意を払っておりました

幸い、無事に千穐楽を迎えることができて本当に良かったです

なんたって、紀伊國屋ホールは来年50周年を迎える老舗

東京オリンピックの年に出来た、おじいちゃん劇場なのですから

2020年の2度目の東京オリンピックの時も

演劇人の聖地として、どど~んと居座って、たくさんいい舞台を上演してほしいですね~

とかっこよくまとめてた。エヘヘヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

どうなん?天気

2011年10月6日(木)

さすがに疲れてたせいか、6時半起床までぐっすり。7時朝食、出発。大魚塘村へ!

霧雨、農務で棚田は全く見えず。天気予報が当てにならない。盧さんのお兄さんの牛の世話に同行。水牛の母子。人が多くて怖くて逃げて行く。森に入ってから落ち着くまでオラだけ近づいてロソンが持ってきたロープを鼻にかけてそれを木にくくりつけた。それからワラを食べさせた。で、落ち着いたところでインタビュー。

205

で、そのあと、NHKスペシャルの撮影に行くことになり、みんなと食事した後オラはホテルへ。

あと一日半、時間がない。

19時半、安原さんら帰ってきた。食事。

明日は畦作り、展望台、水路の撮影。

アイス買って食べながら帰る、恒例。

*ごはん食べ終わると、カメラクルーのみんなといつもコンビニ風な店でアイスを買い食いしながらホテルに戻ってました。なんか、天気が悪くてうまいこといかなくてストレス溜まってたのかな~、甘もんが強烈に欲しくなるんですよね~エヘヘヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

湿度って・・・・

今年も強烈な暑さでした

僕が、行った 世界で一番暑い土地 アファール三角地帯~ジブチ~ は

滞在中、普通に40度を超え、最高53度まで行きました

当然暑い、むちゃ暑い、げき暑い、べら暑い のですが

ジブチは日本に比べて湿度は高くないのです

湿度が高い日本の夏は、というと

不快指数が高くなり、人が不機嫌になります

湿度が高くないジブチは、というと

ただただ暑いだけで、不機嫌にはなりません

ただただ暑いんです

386

わかるかな~

わかんね~だろうな~

ってことで

ちょいと涼しくなりましたが

残暑お見舞い申し上げます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

旅の終わりに

2011年3月13日(日)

 5時過ぎに目が覚めた。iPhone で運行状況を調べた。昨日まで欠航だった157便が今日から運行。ようやく成田に、日本に帰れる。

突然決まった今回の世界一番紀行。出発まで一ケ月もない状況でバタバタ、しかも安原さんのロケハンもなし、現地コーディネーターがちょいと前に先乗りする強行軍。時間がない中、いざ始まってみると、ダニエルさん、レオさんという最強最高コンビによって、ほぼ滞りなく撮影は進み、途中、櫻居さんの腹痛で入院というアクシデントも、レオさんが代理カメラマンとして助けてくれた。二日後に復活した櫻居さん、200万人のパレード「ガーロ・ダ・マドゥルガーダ」の撮影も大成果を上げ安原さんも大喜び。

565_2

そしてロケ成功の満足感を胸に帰国しようとした時、突然の地震と津波の報。はるか遠く日本で起こっている現実。まずは、家族の無事を確認できてほっとする。が東北の方の被害状況はまさにカタストロフ。特撮シーンのような映像が現実として流れている。

いろんな意味で忘れられない旅になった

「レシフェのパレードは200万人が同時に幸せになれる奇跡の瞬間」とコメントした

この番組でみんながちっとでも元気になってくれるような作品になったらいいなと思った

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

人形は顔が命!?

世界で一番寒い村 ロシア・オイミャコン

これが僕がNHK「世界一番紀行」で行った時の格好

019

で、こちらが、テレビ東京系「所さんの世界のビックリ村」で野村真美ちゃんが行った時の格好

P1080189_2

僕は出発前にお茶の水のアルペン関係の専門店で「-100度対応」と云われてこれになりました。

真美ちゃんの装備もなかなかなものですよね~

やっぱ女優さんですから、凍傷なんてもってのほか、顔が命ですもんね~

あ、オラもですけど、エヘヘヘヘヘヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

LA Knockers

こないだ、ツイッターで、演出家・鈴木勝秀(以下、スズカツで)と今は構成作家・伊藤正宏(以下、イトちゃん)とで盛り上がった話題をちょいと。

力道山が刺されたクラブで照明のバイトをしていたスズカツ。僕とイトちゃんはそのショーの手伝いをしたことがあった。大学3年だったかな~

で、そのショーに出ていたのが、「LA Knockers 」というダンスパフォーマンスグループ

Laknockers802s1

http://www.youtube.com/watch?v=j96ft4K_Wcg

この映像の中に、まさにそのクラブの模様も出てくる

僕とイトちゃんは、上手、下手に分かれて、幕引きやら、小道具の明け渡しやら、ちょっとしたことをやってた

彼女らのダンスは、当時としてはかなりハイレベルで、いろんなショーを見ているスズカツも「かなりレベル高いっす」と云ってた

スタンバイの時、片言の英語でちょいちょい話してた

オラが気に入ってたコがいて、ショーの途中、ボンテージ風な衣装に着替える時

「ヒロ~」と呼ばれると、楽屋に入っていき、背中のジッパーを上げる役目を仰せつかった。

毎日、至福の時間だった。エヘヘヘヘヘヘ

千秋楽、彼女が

Thank you Hiro! と云ってキスしてくれた

嬉しかったな~

みんな今、どうしてるんだろう

あれから、32年も経っちまった

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »