« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

絶景かな!

2011年10月11日(火)

6:20出発。大魚塘村付近でスクールバス、といってもオート三輪の荷台に乗って登校する小学生に随行。5年生と4年生の授業見学。数学。日本とほぼ変わらない内容。

で、先生自らお米を研いで給食の準備。肉とネギの炒め物をご飯にかけて。皆、並んで各々器にもってもらう。美味しそうだ。

それから、棚田を一望できる展望台、再撮。きれいに見えた。

254

見事としか云いようがない。感動もん。

昼食後、ドーイーシュウー村の棚田でシー先生のコメント撮り。それから、オラの歩きの大ロング。いわゆる放置プレイ。棚田の遥か下の方まで降りて歩きを撮った。戻るのが大変でヘトヘトになった。

ホテルに戻って夕食。シー先生と楽しく。ハニ族の言葉をいろいろ教えてもらった。なかでも異様に盛り上がったのが「アキュハ」

「おっぱい、かゆ~い!」って意味なんだそうな。ま、シー先生もただのエロオヤジだ。

(中略)

298

食後、小野塚さん、佐竹さんと夜の街をブラブラ、アイス食べて帰った

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

(中略)とありますが、結構過激な文章なので割愛しました(笑)。ま、ちょいと、撮影のためセッティングしてもらうはずが、全然、現地の人が何もしてくれてなくて、ちとやばい状況になりつつあって、その件の主に対して暴言を吐いております(笑)。ご察しあれ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

これぞパノラマ

「地球イチバン」ネパールの旅

iPhoneカメラのパノラマ機能で撮ったのですが

迫力が今ひとつ伝わらないかな~

352

一番手前に低めの山があってその後ろがいわゆる山脈風な山々

で、その遥か後方に真っ白に連なっているのが

ヒマラヤ

山on山on山

その美しさはただもんじゃないですよ

登りたくなる気持ちわからないでもないですね~~~

登らないけど

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

9回目は・・・・・

2009年2月の「世界で一番寒い村、ロシア・オイミャコン」の旅から、昨年2013年11月の「世界一のハニーハンター、ネパール・ヒマラヤ」の旅まで

036

8ヶ所の世界一を訪れました

481

いずれも、観光で訪れるような場所でないところばかりです

ありがたいです

過酷ではありますが、楽しすぎる旅ばかりです

別に僕は、どM というわけではないです

これからも、続くといいな、と思っております

さて、さて、

地球は広いです

探せば、もっとすごい世界一があるはずです

世界一ネタ絶賛募集中ですよ~~~

なんなら僕の回、すべてを担当している制作会社

http://www.ef-1.co.jp/

「えふぶんの壱」さんに直接云って下さってもいいですから~~~

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

ハニー・シャワー!?

さてさて、前回の記事で口の中にハチが入った話をしましたが・・・・

地球イチバン「世界一のハニーハンター ネパール・ヒマラヤ」

484

この道40年のハニーハンター、ミンさんの勇姿を真下で見ていたオータカ

ミンさんがハチの巣をカマで切り落とそうとすると、ハチは巣の中で働いてんだか寝てんだかわかりませんが、かなりの数、そのまま落ちてくるんですよ。

で、口の中の次は、なんと

左目のまぶたに直撃しました。その瞬間、痛みが走りました

あ、あ、あ、刺された~

ってか、まぶたに落ちた衝撃で針が刺さった!?

僕と一緒に真下でカメラを回していた米谷さんに「刺されたかも」と告げると

米谷さん、そのまま僕の顔にカメラで寄ってファインダーをのぞき「あ~刺されてますね~針抜かないと」

指でつまんで抜こうそしましたが、全然ダメでした。

米谷さんが「僕が抜きますよ」と。で、カメラを僕が持ち、自分の顔の方に向け、米谷さんが針を抜く様子を撮りました。ってか、撮れてました。

で、針を抜いて一安心、もっかいミンさんの勇姿を見んと(洒落じゃないよ)真上を見た瞬間でした。

数十匹のハチがいきなり落ちてきたのです。

僕の白いTシャツが・・・・・・

ハチまみれになったのです。

一歩も動けませんでした。

かろうじて、後ろで、たった今僕の針を抜いてくれた米谷さんの方を向いて

「これヤバイですよね」と云って、見ると

米谷さんは僕以上にハチまみれでヤバイ状態でした。

502

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

現地の人にあっけなく手で払われて事なきを得たのですが

もう、生きた心地しませんでした

あとで、プレビューすると、驚愕の映像がそこに

でもね~

ディレクターの渡部さん、ここんとこつこてくれなかったんです

う~~~

もっかい見た~~~~い!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

オータカヒロオ

大高宏雄さんにお会いしました

映画ジャーナリストの、「オータカヒロオ」さんは浜松出身だそうで

僕と同じ、「高」は、本名では「髙」なんだそうで

それも嬉しかったな~

いろいろお話させていただきました

今度お会いする時は、「大髙」のルーツをもうちっと掘り下げておきましょう、と約束してお別れしました

とにかくダンディなお方でした

Photo

「ヒロオ」という名前の人、なかなかいないのに

なおかつ、苗字も、そして業界人

なんたる偶然!!!

この出会いに乾杯!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

二年連続の中国!

2012年8月5日(日)

「地球イチバン」で中国へ。去年の世界一番紀行に続いて二度目の中国。またなんかいろいろありそうだ(笑)<註>

地球でイチバン荒地と闘う人々

黄土高原は過酷感満載だ

今回は羽田発。搭乗手続きも早々に済ませラウンジで一息。朝食後、機内へ、即寝。

3時間かからずで北京到着。今まででイチバン短いかも。空港のイミグレもなんなくクリア。アテンダーの陳さんと合流。

022

昼食、北京ダック、美味。

ドメスティックの空港で次のフライトまで一休み。といっても3時間待ち。

一路、楡林へ!

024

空港でディレクターの西条さん、コーディネーターの劉さんお出迎え。陳さんとはここでお別れ、多謝。

ホテル5つ星。街は賑やか、思ってたよりは都会だ。

明日は砂漠化した村に行くため別ホテルへ。

026

にしてもこの部屋は豪華すぎる

<註>

ま、いわゆる中国のトイレ事情と、ちょいといいかげんな国民性にやられた前回の中国ロケだったので、今回はどうなるのか、不安だったのですが、ま、その不安が的中したかどうかは、今後の日記で明かされていくわけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

Queen Bee

地球イチバン

世界一のハニーハンター ネパール・ヒマラヤ

なにをおいても蜂の巣なんです

431

この断崖絶壁に蜂の巣が20個近くあるわけです

中央部分の岩肌ばむき出しのあたりに集中的に巣があるのです

よってみましょう

433

こんな巣がそこかしこにあるわけです

ささ、もっとよってみましょう

434

カメラマンの米谷さんが目一杯アップで撮った画が映し出されたモニターを写真におさめてみました

ものすごいことになってます

このどこかに女王蜂がいるんですよね~

蜂の巣を削り取る時女王蜂は逃げるのかな~そいとも巣を守るために居座ってんのかな~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

I was back!

2011年10月10日(月)

 昆明は標高1800m。やっぱ熟睡できなかった。昨夜の夕食、リーさん頼みすぎ。腹いっぱいでとても朝食を食べる気になれずお茶だけ飲んでチェックアウト。

8時出発、シー教授宅。支度ができる間、リーさんと朝食、ジャージャー麺、めちゃうま。

元陽までの長旅アゲイン!シー先生と筆談&英語でいろいろ話す。

トイレ休憩、リーさんがコーラ買って来てくれた。強面だが優しい人だ。

248

昼食、お寺をそのままレストランにしたようなお店。昨日の教訓はいかされず、またしこたま品が出てきた。3人で8品は多すぎだろう(笑)<註>

245

店内にテレサ・テンの曲が流れてた

食後、シー先生の用事とかで、二箇所寄り道をしつつも、ようやく新街鎮に到着。

8時間かかった。でも戻ってこれてただただ嬉しい。

シャワー浴びてさっぱり。安原さんたちはNスペの撮影からまだ帰ってこないので、三人で夕食に。中国語をいろいろ教えてもろた。

食事終わり頃、安原さんたち合流。俺がいない間にいろいろあったらしい。ま、おいおい。

明日は学校取材。早く寝よ!

<註>

中国は、平らげたら、足りなかったのかなと思うそうな

日本は、出されたものは平らげる

どうなん、同じアジアで全く違う食習慣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ウラ話

地球イチバン

世界一のハニーハンター ネパール・ヒマラヤ

397

実は、ハニーハントを40年も続けているミンさんの真下でその勇姿を見ているとどうなるかというと

当然、無数に群がるヒマラヤオオミツバチをつつくわけで、驚いて逃げ出す蜂もいれば、ミンさんに怒り心頭で向かっていく蜂もいます。そしてイチバン多いのがそのまま落ちてくるハチ達。

496

人は上を見上げれば、おのずと口が開いてしまいますよね

で、幸か不幸か、そのうちの一匹が、なんと口に入ってきたのです

一瞬何が起きたのかわかりませんでしたが、すぐさま

ぺッと吐き出しました

びっくりした~~~~~

口の中にハ~チ~

人生、初の体験でした~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

全部、鈴木さん!?

地球イチバン

「世界一のハニーハンター ネパール・ヒマラヤ」

僕が行ったのは、ポカラから車で二時間程行ったヒマラヤ山脈の麓の村

グルン族のカダルジュン村

村長の ドーズバートル・グルンさん以下

お世話になった人々の名前が

ミンバートル・グルンさん

ミーンバートル・グルンさん

テイクバートル・グルンさん

ベルバートル・グルンさん

クルバートル・グルンさん

・・・・・・・・・

とにかく、ほとんどの人が

~~バートル・グルン なんです

429

だから、「~~」の部分で呼び合うのは当然のこと

差し詰め、日本で云えば

村人の名前が

鈴木一郎さん、鈴木次郎さん、三郎さん四郎さん・・・・

善郎さんに、浩二郎さん、はたまた風太郎さんにプー太郎さん!?

ってな感じ!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »